医療機関さまへ

中央診療部門

消化器内視鏡センター


患者さまへ

現在、消化器内視鏡センターでは、年間約7,500件の検査が行われております。上部消化管4,000件、下部消化管約2,400件、ERCP(内視鏡的逆行性胆・膵管造影検査)約370件です。このうち約1,100件が内視鏡治療で、ポリープの切除、食道・胃・大腸癌に対する粘膜切除、食道静脈瘤治療、胆道系処置、消化管出血止血術などが行われております。さらに小腸内視鏡、カプセル内視鏡による小腸疾患の診断と治療に対しても積極的に取り組んでいます。これらの数字は、全国の大学病院でも上位に位置し、今後は、癌検診などにも積極的に取り組みながら、年間10,000件以上の検査をめざします。


部門の特色
1. 消化器内視鏡センター管理下での統一化された内視鏡診療
日本消化器内視鏡学会認定指導施設であり、消化器内科、消化器外科、小児科による検査と治療を行う


2. 消化器疾患(咽頭・食道・胃・小腸・大腸、肝・胆・膵)の診断と治療
最先端のハイビジョン、特殊光内視鏡システムを用いた高い診断精度の検査と最先端の治療を提供

3. 消化器疾患に対する内視鏡を用いた治療
食道、胃、十二指腸、大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)、食道・胃静脈瘤治療、肝胆膵疾患に対する内視鏡ドレナージ術、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)、緊急内視鏡検査など

4. 胃食道逆流症、機能性胃腸疾患などに対する診断と治療
24時間食道・胃内pHモニタリング、食道内圧・インピーダンス測定など
5. 腸疾患(小腸・大腸)に対するアプローチ
小腸内視鏡、カプセル内視鏡(小腸・大腸)による診断と治療。原因不明の消化管出血、腸病変の診断と治療
6. 胆膵疾患に対する内視鏡を用いた治療
EUS-FNAによる診断精度の向上。超音波内視鏡を用いた一期的金属ステント挿入(EUS-CDS,EUS-HGS)

医療機関さまへ患者さまご紹介について

消化器内視鏡センターが開設されたのは平成14年ですが、当院での消化器内視鏡検査の歴史は古く、昭和34年からスタートしております。昭和57年には、当時の内視鏡検査室が、日本消化器内視鏡学会より消化器内視鏡指導施設に認定されております。
消化器内視鏡センターでは、「病変の早期発見、早期治療、早期回復を目標に、特定機能病院にふさわしい安全で質の高い内視鏡診療の提供」をめざし、教育施設としても内視鏡医育成につとめております。また、地域医療にも貢献すべく、より多くの患者さまをご紹介いただけるよう病診連携にも注力しております。


施設認定 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本消化器病学会認定指導施設
日本消化器集団検診学会認定指導施設
日本大腸肛門病学会認定指導施設
日本カプセル内視鏡学会指導施設

消化器内視鏡センター診察スケジュール
 
午前 上部内視鏡
カプセル内視鏡
ERCP/EUS-FNA
上部内視鏡
治療内視鏡*
カプセル内視鏡
上部内視鏡
カプセル内視鏡
ERCP/EUS-FNA
上部内視鏡
治療内視鏡*
カプセル内視鏡
超音波内視鏡
上部内視鏡
カプセル内視鏡
上部内視鏡

午後 下部内視鏡
治療内視鏡**
ERCP/EUS-FNA
下部内視鏡
治療内視鏡*/**
下部内視鏡
治療内視鏡**
ERCP/EUS-FNA
下部内視鏡

治療内視鏡*/**
小腸内視鏡

下部内視鏡
治療内視鏡**
 
緊急内視鏡(随時)
*…食道及び胃粘膜切除術・食道静脈瘤硬化療法
**…大腸粘膜切除術

Go Next  
スタッフのご紹介
消化器内科(胃腸科)へ
第2内科学教室のHPへ
消化器内視鏡センターのHPへ

ページトップへ