医療機関さまへ

中央診療部門

救急医療部


患者さまへ

救急医療とは、急な病気だけでなく、外傷や中毒・熱傷・溺水などの外因性傷病から心肺停止までもが含まれます。救急医療においては、複数の診療科にまたがる症状や怪我など、従来の縦割り診療体制だけでは解決できない病態に対してその病態を包括的に診断・治療する必要があります。「救急医療は医の原点」をモットーに、外科・内科を問わず、軽症から重症まで幅広く救急患者の診療ができるよう目指します。

部門の特色
1. 緊急に処置を要する病気や外傷の診療を行います

2. 救急科専従医が芯となり各科と連携しながら診療にあたります

3. 地域における中核としての病院機能を十分に発揮できるよう関係医療機関と連携を深めます

4. より良い救急搬送体制を構築できるよう地域関連機関との連携に努めます


医療患者さまへ
患者さまご紹介について

救急医療部では、様々な病態が重なった救急患者さまに対して円滑に対応できることを行動目標の一つにしています。したがって、当院各診療科は従来どおり個別に救急診療も担っておりますが、どの診療科に紹介すればよいか不明な時、複数の診療科にまたがるような病態の時は、救急医療部にご相談ください。なお、本院救急医療部では、大阪府三島救命救急センターと機能分担しながら救急医療を提供しております。本院では主に一次・二次傷病を、三島救命センターは三次傷病を主な守備範囲としております。重症度・緊急度に応じて本院か三島救命センターかをご選択ください。

施設認定 大阪府指定一次・二次救急医療機関
日本救急医学会救急科専門医指定施設



Go Next  
スタッフのご紹介
臨床指標へ
救急医療部のHPへ

ページトップへ