医療機関さまへ

中央診療部門

周産期センター



部門の特色

分娩を取り囲む時期(周産期)は母児ともに様態がいつ変化するか分からない一面があり、ひとたび病的状態に陥ると、母と子の二つの命を危険にさらすという特殊性を持っています。私たちはこの二つの命を守るために、MFICU(母体・胎児集中治療室)スタッフと分娩スタッフ、NICU(新生児集中治療室)スタッフと新生児科スタッフが常に連携をたもちながら、日頃から訓練されたチームワーク医療を行っております。

1. 当センターは産科・生殖医学科分娩部門と新生児部門、先天性心疾患部門からなり、各々に複数の専門医とスタッフを常に充実させています。胎児エコーによる先天性心疾患の早期診断と出生後の手術を安全に行えるように連携を取っています。新生児科と小児科(循環器系)、小児心臓血管外科のスタッフが協力して万全の体制を取っています。
2. 緊急搬送(母体搬送システム:OGCS、新生児搬送システム:NMCS)の24時間受け入れ体制により、質の高い安心した医療環境を提供します。
3. 年間の分娩数は500件、母体搬送の受け入れ件数は年間約100件(大学病院では全国トップクラス)、NICUの入院数は年間約250例、先天性心疾患の手術は年間100例という実績を誇っています。  
MFICU6床、NICU9床、GCU12床


認定施設

地域周産期母子医療センタ−
日本周産期・新生児医学会基幹研修施設

Go Next  
スタッフのご紹介
周産期センター(部門別)のHPへ

ページトップへ