病院案内

診療科のご案内

皮膚科



患者さまへ

ひと口に皮膚疾患と言いましても、湿疹、じんましん、水虫等の一般的な皮膚病から、アトピー性皮膚炎や乾癬など慢性難治性で時に重症化するもの、皮膚がん、重症薬疹や重症感染症など生命に関わる皮膚疾患、アザ、シミ等皮膚の美容に関わるものまで様々です。皮膚の病気はやはり正確な診断、原因の精査、早期治療が大切です。皮膚疾患は体の表面にあり、目に見えるだけに、早期発見が比較的容易です。「皮膚は内臓をうつす鑑(かがみ)」と言われるように皮膚の病気から、重篤な内科疾患が発見されることもあります。
最近では皮膚がん患者さまも増加しています。皮膚に異常やトラブルが生じた際にはすぐにかかりつけ医を受診していただき、手術が必要な症例、重症・難治症例、診断不能症例、悪性が疑われる症例などに該当するようでしたら、紹介状をご持参の上、当院皮膚科を受診してください。ガイドラインに沿った標準的な治療法を基本として、患者さまがご自身の疾患と病態をしっかり理解しながら治療に取り組んで頂くことが出来るように、十分な説明を行うことを常に心がけています。



診療科の特色
1. 光線過敏症の確定診断、色素性乾皮症・コケイン症候群の分子細胞診断

2. 皮膚悪性腫瘍に対する手術療法、化学療法、放射線療法
3. 皮膚良性腫瘍に対する手術療法、外用療法

4. 重症アトピー性皮膚炎に対する原因検索と治療、教育入院
5. 重症乾癬に対する生物学的製剤を用いた治療

6. 全身照射型、ターゲット型紫外線照射器を用いた慢性皮膚疾患に対する光線療法

7. 皮膚アレルギー疾患の確定診断、原因検索
8. 悪性脱毛症に対する局所免疫療法、ステロイドパルス療法
9. 母斑(太田母斑・異所性蒙古斑、扁平母斑)、血管病変(単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張)、皮膚良性腫瘍(脂漏性角化症、色素性母斑、汗管腫、黄色腫等)に対する各種レーザー治療

10. 遺伝性血管浮腫の救急対応

11. 慢性皮膚疾患に対する漢方療法

12. しみに対するアンチエイジングレーザー治療(自費診療)
13. 遺伝性皮膚疾患の遺伝相談、遺伝カウンセリング(自費診療)

14. 巻き爪矯正(自費診療)

15. 白斑、顔面アトピー性皮膚炎、顔面皮疹のある膠原病、顔面神経麻痺等に対するメイクセラピー外来(自費診療)



医療機関さまへ
患者さまご紹介について



当科では手術症例、難治・重症症例、他院で診断不能な症例に対して最新の皮膚科学エビデンスをふまえて、全スタッフがチームを組んで、安心、安全かつ高度な最先端医療を提供しています。臨床所見、一般検査のみでは診断が困難な症例に対しては、積極的に皮膚生検、特殊検査を行い、臨床・病理カンファレンスにて詳細に検討して確定診断を下し、最適な治療方針を決定しています。悪性黒色腫をはじめとした皮膚悪性腫瘍に対しては、センチネルリンパ節の同定と転移の検索、術式の考案、新規術後補助療法や放射線治療を適宜検討しながら行っています。円形脱毛症のパルス治療、接触皮膚炎の診断と原因検索、蕁麻疹の診療、薬疹の原因薬剤の同定など、アレルギーテスト(プリックテスト、パッチテスト、内服試験)も症例に応じて安全に配慮しながら実施しています。
専門外来は腫瘍外来、光線過敏症・遺伝外来、アトピー外来、乾癬外来、巻き爪外来、しみ・あざ外来、メイクセラピー外来を開設しています。光線過敏症・遺伝外来では紫外線や可視光線がその発症に関与するすべての皮膚疾患の精査加療、遺伝性皮膚疾患の診断確定と遺伝相談を行っています。難治・重症の乾癬には積極的に光線療法や生物学的製剤治療を導入しています。アトピー性皮膚炎の難治例に対しては、悪化因子を詳細に検索して個々の症例に合わせたテーラーメイド治療を行っています。Qスイッチアレキサンドライトレーザー、色素レーザーによるしみ・あざ治療、皮膚良性腫瘍に対するCO2レーザー治療、表在性皮膚悪性腫瘍の光線力学療法なども行い、重篤な疾患(重症感染症、薬疹、水疱症など)は入院加療を原則として24時間対応しています。
大阪北部において病診連携を密に推進しながら地域医療に貢献することが我々の大きな使命です。第一線でご活躍の諸先生方との密な医療連携を計りながら、地域住民の皆様に高度な皮膚科医療を提供して参りたいと思っておりますので、前述の適応症例がございましたらぜひご紹介いただければ幸甚です。



施設認定

日本皮膚科学会認定研修施設

Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
皮膚科学教室のHPへ
メイクセラピー看護外来

ページトップへ