病院案内

診療科のご案内

婦人科・腫瘍科



患者さまへ

当婦人科・腫瘍科は、ご婦人の不正出血や子宮・卵巣に関する良性・悪性疾患を中心に診断治療を行う科です。良性腫瘍・初期癌については、薬剤治療や腹腔鏡下手術をはじめとする低侵襲な術式による手術をめざし、子宮や卵巣などの温存を心がけています。進行癌については、根治術を中心に新しい治療法を駆使し、さまざまな方法を取り入れながら集学的に治療を行っています。また、治療法に関しては、患者さまと十分に話し合ったうえで、できる限りご要望に添えるようにすすめていくことを心がけております。他の施設で診断を受けられた方でも、セカンドオピニオンをご希望の方はご相談ください。



診療科の特色
1. 子宮頸がん・体がん・卵巣がんの診断・治療
2. 子宮頸がんの機能温存を考慮した手術(円錐切除術、広汎子宮頸部摘出術、神経温存広汎子宮全摘出術)

3. 先進医療による子宮頸がんに対する腹腔鏡下神経温存広汎子宮全摘出術
4. 子宮頸がんの妊孕能温存手術(円錐切除術、広汎子宮頸部摘出術)

5. 子宮体がんに対する腹腔鏡下根治手術

6. 子宮体がん、卵巣がんのエビデンスに基づく集学的治療
7. 子宮頸がんの集学的治療(術前動注療法、放射線抗癌剤併用療法)

8. 子宮筋腫の保存的治療(薬物療法、腹腔鏡下筋腫摘出、腹腔鏡下子宮全摘出術、子宮鏡下筋腫摘出、塞栓療法)

9. 子宮内膜症の低侵襲治療(薬物療法、腹腔鏡下手術)

10. 卵巣良性腫瘍の腹腔鏡下手術

11. 各種がん患者における、新規抗がん剤などの治験、医師主導試験による最新のがん治療



医療機関さまへ
患者さまご紹介について



婦人科・腫瘍科では、初期から進行がんまで年間約200例の婦人科悪性腫瘍症例を治療しています。婦人科がん治療においては、根治性を追求することが最も重要なことはいうまでもありません。それに加えて低侵襲手術や場合により妊孕性温存な手術が必要になります。我々は他施設にはない工夫を行っています。
子宮頸がんについては術後問題となる排尿障害の軽減を目指し骨盤神経温存広汎子宮全摘出術を行い良好な成績を得ております。また、妊孕能温存を希望される若年初期子宮頸がん患者さまには子宮頸部のみ摘出する広汎子宮頸部摘出術を行い、従来子宮温存が困難な浸潤がんまで妊孕能が温存できるようになりました。さらに我々はより患者さまへの手術侵襲を軽減させる目的で、子宮頸がんに対して腹腔鏡下神経温存広汎子宮全摘出術手術を行っております。現在先進医療で行っており、内視鏡技術認定医を持った婦人科腫瘍専門医が全国に先駆けていち早く導入しております。子宮体がんについてですが、当科では初期子宮体がんに対し全国に先駆けて腹腔鏡下子宮体がん根治術を行ってまいりました。平成26年4月からは初期子宮体がんに対して保険適応が認められ、全国トップの症例実績があります。本手術は開腹手術と比較して治療成績は同等でありながら、傷が小さく、出血量は少なく、入院期間も短くてすみ、良好な成績が得られております。卵巣がんについては、卵巣がん手術時に行う傍大動脈リンパ節郭清は術後イレウスなどの重篤な合併症を引きおこす事が知られています。我々は、手術時の20分毎の定期的な腸管圧迫の解除と生理食塩水による湿潤を行う手技により、術後腸閉塞発生ゼロというすばらしい成果をあげております。また、若年者卵巣がん患者さまに根治性を損なわずに卵巣を温存し、リンパ節転移の有無を確認する術中ナビゲーションシステムを導入し卵巣動脈温存術を行い妊孕性の温存が可能か否かを決定しております。
さらに我々は悪性腫瘍に対する治療のみを目的とするだけでなく、治療後の女性のトータルヘルスケアに対応しております。近年、婦人科がん治療における放射線療歴や抗がん剤治療歴がメタボリックシンドロームのリスク因子になり得ることがわかってきました。そこで女性医学外来医師とともにがん克服だけではなく、克服後の健やかな生活を目標としたサポート体制を充実させております。
個々の疾患については、セカンドオピニオンをご希望の方も含めてご紹介いただければ幸いです。




施設認定

日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
日本臨床細胞学会細胞診指導医研修施設
婦人科悪性腫瘍化学療法機構認定施設


Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
産婦人科学教室のHPへ

ページトップへ