病院案内

診療科のご案内

循環器内科



患者さまへ

心血管疾患と一口にいってもさまざまな病態があります。狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心房細動などの不整脈、その他にも動脈瘤、心臓弁膜症、心不全などが含まれます。いずれも症状や所見が出現してから診断や治療を迅速に行う必要のある病気が多く、タイミングを逸してしまうと日常生活に大きな制限が生じるリスクもあります。
わたしたち循環器内科は、これらの広範囲におよぶ心血管疾患を適切に診断し、治療をみなさまに提供できるよう、1年365日、日夜をたがわず努めております。また、心血管疾患に、他の病気が合併していないかという点を十分に配慮すべく、チーム医療を行うことにより見落としを防いでいます。
近年では、従来は難治であった病態であっても、さまざまなお薬や、より低侵襲なカテーテルを用いた治療が可能になってきました。例えば、女性で比較的多く、呼吸困難の自覚症状が出やすい肺高血圧という病態に対しても、そのような新しい治療を行っています。
心血管疾患は、その治療を、ときに一刻をあらそうことがありますが、いつも、明らかな、あるいは激しい症状が出るとは限らないことは注意すべきです。そのために、定期的な健康診断も重要になるわけです。また、逆に胸の痛みや動悸、息切れなどの症状があっても、なかなかご自身では、それが問題のある心血管病の症状かどうか、判断がつきにくいこともあります。

循環器の病気はタイミングが重要です。もし、「どうかな」と疑わしい症状がありましたら、できましたらかかりつけの先生、あるいは院内の他の診療科の先生からの紹介状をいただいて、大阪医科大学循環器内科にご来院いただければと思います。もちろん緊急時には紹介状の有無は問いません。


診療科の特色

  本邦においては、高齢化や食生活の欧米化などにより、虚血性心疾患や末梢動脈疾患、心不全が増加のトレンドにあります。これらのADLを大きく損なう疾患に対し、最先端の適切な治療を提供するとともに、予防医療の観点から、高血圧や高コレステロール血症などの生活習慣病に対しても、適切な生活指導とコントロールを心がけています。
1. 虚血性心疾患
運動負荷試験や核医学検査、冠動脈CT検査を積極的に行い早期発見に努めています。薬物療法に加え、冠動脈内への薬剤溶出性ステント留置やロータブレータを用いた冠動脈形成術を行い良好な成績を修めています。また、必要に応じて心臓血管外科と連携し冠動脈バイパス術を行っています。
2. 慢性心不全・急性心不全
エビデンスにもとづいた慎重かつ積極的な薬物治療に加え、心臓再同期療法、植込み型除細動器などの先端の治療を行っています。心筋症、心筋炎に対しての心筋生検などの診断、治療の経験も豊富です。
3. 不整脈
ホルター心電図、電気生理学的検査による的確な診断のもと、薬物治療に加え、カテーテル焼灼術、植込み型除細動器などの非薬物療法についても経験豊富な医師がそろっております。心房粗動、心房細動、発作性頻拍症、WPW症候群なども対象となります。
4. 末梢血管病
間欠性跛行の原因となる閉塞性動脈硬化症に対し、血管形成術による治療を行っています。また、頸動脈狭窄、腎血管狭窄についても画像を駆使した診断を行い、適応に応じた血行再建を行っています。
5. 肺高血圧症・静脈疾患
指定難病である慢性血栓塞栓性肺高血圧症にバルーン肺動脈形成術を行うなど、最先端の診断・治療を積極的に行っています。
また、深部静脈血栓症や肺血栓塞栓症に対し、迅速な診断のもと、下大静脈フィルターの挿入など的確な治療を行っています。
6. 成人先天性心疾患
先天性心疾患の方の生命予後は飛躍的に改善しています。成人期に達した先天性心疾患患者さまは、特有の合併症が生じることから、専門性が高いと考えられます。当科では、小児心臓血管外科および小児循環器とチームを組んで、成人先天性心疾患の診療に当たっています。


医療機関さまへ
患者さまご紹介について

当科では循環器疾患全般にわたって診療を行っております。
豊富な経験を有するスタッフにより、虚血性心疾患に対するカテーテル検査・インターベンション治療、頻脈性不整脈に対するカテーテル焼灼術や致死的不整脈に対する植込み型除細動器による治療を行っております。また、心不全および心筋症、心筋炎などの特定心筋疾患の診断と先端的治療も特色の一つで良好な成績をあげております。心臓超音波検査、運動負荷試験、心臓核医学検査も常時施行しています。さらに、内科全般の健康管理を通じて高血圧症など生活習慣病の予防にも努めています。
これらを通じて地域医療機関の先生方と患者さまに貢献し、地域のみなさまのニーズに応えられる科を目ざして努力しておりますので、よろしくお願い申し上げます。

Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
第3内科学教室のHPへ

ページトップへ