病院案内

ホーム » 病院案内 » 各部門のご案内 » 診療科のご案内 » 消化器内科(胃腸科)

診療科のご案内

消化器内科(胃腸科)



患者さまへ


消化器内科(胃腸科)は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸に関する病気の発見、診断、治療を目的とする科です。病気の早期発見、適切な治療、早期回復を目指して、患者さまへは安全で質の高い医療が提供できるように、特定機能病院として、さらに教育病院としてつとめております。
現在、日本人の癌のなかで、胃癌は減少傾向にありますが、生活の欧米化により大腸癌の死亡率が高まり、今や胃癌を抜く勢いです。これら消化器癌を早期に発見し、治療を行うために、消化器内科では内視鏡を使った最新の診断法や治療法を行っています。患者さまが知りたいこと、望まれる治療法などをよく話し合ったうえで、最適の治療法を行う、それが当科のめざすところです。




診療科の特色
1. 消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸)の診断と治療
2. 消化器癌(食道、胃、小腸、大腸)に対する診断と内視鏡治療

3. 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)の診断と治療

4. 機能性胃腸疾患(機能性胃腸症、過敏性腸症候群)の診断と治療

5. ヘリコバクター・ピロリ感染の診断と除菌療法

6. カプセル内視鏡による小腸・大腸疾患の診断

7. 小腸内視鏡による小腸疾患の診断と治療

8. 逆流性食道炎の内視鏡治療



医療機関さまへ
患者さまご紹介について

胃腸科では、食道、胃、大腸の消化器癌を早期に発見し、患者さまへの負担が少ない治療を行うべく、内視鏡を使った新しい診断法や治療法を積極的に取り入れております。
また、ヘリコバクター・ピロリ菌による慢性胃炎や胃・十二指腸潰瘍に対する除菌療法、胃食道逆流症や機能性胃腸疾患などに対する24時間食道・胃内pHモニタリング、食道内圧・インピーダンス測定などによる多角的な診断、あるいは原因不明の免疫異常によると思われる潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患についても白血球除去療法や抗TNF-α抗体療法などの新しい治療法を導入しております。
常に患者さま本位の治療を心がけ、密にディスカッションをしながらご要望に沿った診療を心がけておりますので、ご相談いただければと思います。


施設認定

日本消化器病学会認定指導施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本消化器集団検診学会認定指導施設
日本大腸肛門病学会認定指導施設
日本カプセル内視鏡学会指導施設

Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
内視鏡センターのページへ
第2内科学教室のHPへ
化学療法センターへ

ページトップへ