病院案内

診療科のご案内

消化器内科(肝・胆・膵)
 


患者さまへ

当科は、肝臓や膵臓、胆嚢・胆管などに関する病気の診断や治療を目的とする内科です。肝臓は"人体の化学工場"と言われるように多彩かつ重要な役割を有する一方、予備力が強いため"沈黙の臓器"とも言われ、倦怠感や黄疸、浮腫、腹水などの症状が表れにくく、発見が遅れたりしがちです。また、胆嚢や胆管は、肝臓で生成された胆汁の貯蔵と分泌に関与し、黄疸や胆石・胆嚢炎に関係する臓器です。膵臓は、消化酵素を含む膵液とともに、インスリンやグルカゴンなどのホルモン産生と分泌に関係する臓器ですが、奥深い位置にあるため病気の診断が最も困難とされ、同時に、膵炎や膵癌はその病気の対策が最も難しいと考えられています。
肝・胆・膵に関係する病気は、ウイルス性や炎症性などの良性疾患から悪性腫瘍まで幅広く多彩です。当科では、これら各種疾患に対して、最新の技術を駆使して、早期に的確な診断を行うとともに、患者さま各々の状態に合わせた最善かつ最高の治療を提供できるよう常に心がけております。



診療科の特色

1. B型・C型肝炎に対する各種抗ウィルス治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療)

2. 肝癌に対する集学的治療(ラジオ波焼灼療法、エタノール注入療法、肝動脈塞栓及び動注化学療法、分子標的剤を用いた治療、放射線治療等)

3. 自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変等の診断と治療
4. 代謝性・遺伝性肝疾患や、原因不明の肝障害についても豊富な経験により適切に対応
5. 胆・膵疾患に対する各種内視鏡治療及び超音波穿刺下治療
6. 膵石に対する結石破砕術

7. 胆管閉塞に対するステント留置術

8. EUS-FNA(EUSガイド下穿刺吸引法)による病理組織診断
9. 消化器外科と連携を図り生体肝移植の導入



医療機関さまへ
患者さまご紹介について

本邦ではB型肝炎は約150万人、C型肝炎は約200万人のウイルスキャリアが存在すると考えられており、抗ウィルス治療の進捗で近年はやや減少傾向ですが、依然として年間約3万人以上が肝癌で亡くなられております。当科では、これら肝炎ウイルス関連疾患に対して、北摂地域の基幹施設として、慢性肝炎から肝硬変、肝癌への進展を防ぐべく、適切な管理と治療指針のもとにトータルケアを行っております。また肝癌に対しては、早期発見システムの確立に加え、早期肝癌には安全性と根治性を追及したラジオ波焼却術を含む各種局所治療を、また進行癌には、動注化学療法、放射線治療、分子標的剤治療などを組み合わせた集学的療法を積極的に取り入れております。
膵疾患や胆道系疾患に関しても、最新の各種画像診断法と診療技術を駆使して、正確な診断と適切な治療を行っており、胆石・胆嚢炎や急性・慢性膵炎など良性疾患から胆管癌や膵癌に至るまで、各種の多彩な膵・胆道系疾患を扱っております。これらの疾患に対し、内視鏡を使ったERCP、EUS、膵・胆管ファイバー等で適切な診断を行い統合的な治療体系を形成しております。経過の長い疾患や定期治療を要する方々も多いため、地域の医療施設とも密接に連携をとり、質の高い医療を提供できるよう心がけております。


施設認定

日本肝臓学会認定施設
日本消化器病学会認定施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
日本胆道学会認定指導施設


Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
第2内科学教室のHPへ
化学療法センターへ

ページトップへ