病院案内

ホーム » 病院案内 » 各部門のご案内 » 診療科のご案内 » 糖尿病代謝・内分泌内科

診療科のご案内

糖尿病代謝・内分泌内科



患者さまへ

糖尿病にかかっている人は現在2,210万人。当外来にも年間約1,700〜1,800人の患者さまが通院されています。そのほとんどは、遺伝的体質に過食や飲酒、ストレスなどの生活習慣が加わって発症する2型糖尿病(基本的にインスリン注射不要)の患者さまです。
糖尿病の治療においては、毎日の自己管理が非常に重要です。そのため当科では、月に1回、専門医・糖尿病療養指導士(看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士・臨床心理士・検査技師ら)による「糖尿病外来教育コース」などの勉強会を行うなど、外来・入院を問わず、「糖尿病のトータルマネージドケア」を目指しております。毎日の生活を楽しみながら糖尿病とつきあっていく、それが当科の指導方針です。外来では13名の糖尿病学会認定糖尿病専門医を中心に、十余名の医師が診療にあたっており、また、患者さまたちによる「若槻会」では、会報誌の発行やイベントなどを開催し、交流と情報交換が行われております。
また、当科には約300名の1型糖尿病の患者さんが通院されています。主に1型糖尿病の患者さんを対象とした外来も設置しており、インスリンポンプ(CSII)、持続血糖モニター(CGM)やそれら二つを融合した最先端のSAP(Sensor Augmented Pump)療法の導入(短期入院・外来導入)も行っております。



診療科の特色

1. 2型糖尿病、1型糖尿病、脂質異常症、肥満症、痛風、バセドウ病、橋本病、甲状腺腫瘍、下垂体・副腎疾患などの疾患を中心に、患者さまを総合的な観点からとらえた全人的医療を目指しています

2. 専門の看護師による「糖尿病フットケア外来」「糖尿病看護外来」や他科との連携により、糖尿病の慢性合併症(網膜症、腎症、神経障害、心筋梗塞、脳梗塞など)の管理に取り組んでいます
3. 専門医・糖尿病療養指導士(看護師・栄養士・薬剤師・理学療法士・臨床心理士・検査技師ら)による「糖尿病外来教育コース」などの勉強会を行うなど、「糖尿病のトータルマネージドケア」を目指しています
4. 甲状腺疾患をはじめとする内分泌疾患について、内分泌検査及び画像検査による的確な診療と治療方針の決定を行っています。特に、甲状腺腫瘍については、穿刺吸引細胞診を施行し、手術適応症例については、本院耳鼻咽喉科・頭頸部外科および当科関連施設と連携し、対応しています

5. 1型糖尿病におけるインスリンポンプ治療(CSII)や持続血糖モニタリング(CGM)、それらを融合させたSAP(Sensor Augmented Pump)療法を積極的に行っています

6. 心療内科や漢方を取り入れた診療も行っています
7. 三島圏域地域連携パスにより、地域の先生方と共に診療していくことを基本方針としています
8. 急性発症1型糖尿病の約2割をしめる劇症1型糖尿病については、糖尿病学会調査委員会の事務局として、日本における診療の中心的役割を担っています

9. 日本糖尿病学会認定研修指導医資格、日本内分泌学会研修指導医資格を有する医師が在籍する日本糖尿病学会及び日本内分泌学会認定教育施設です



医療機関さまへ
患者さまご紹介について


当科では、糖尿病を中心に、高脂血症、肥満症、痛風などの診断と治療を行っております。糖尿病に関しましては、2型糖尿病の初期の糖尿病教育入院、様々な合併症をお持ちの患者さまに対する治療や再教育、またインスリン導入やGLP-1受容体作動薬の導入まで、患者さまの病態や状態に合わせた治療を行っております。劇症1型糖尿病を含む1型糖尿病につきましては、血糖持続モニターによる詳細な血糖プロファイルの解析やカーボカウントの指導、インスリンポンプ療法、持続血糖モニタリング(CGM)、SAP(Sensor Augmented Pump)療法などを用い、よりきめ細かな血糖管理を目指しております。
また、三島地区における医師会主導型の糖尿病の地域連携に積極的に参画し、広く北摂地域における糖尿病協同診療システムによるフォローアップを実施しております。今後も地域の先生方と共に患者さまを診療していく方針です。ご紹介いただいた患者さまは、当院で合併症や糖尿病の診療・教育(自己管理法など)を行った後、先生方のもとにお戻しいたします。食事指導やフットケア外来を重点的にという患者さまや、重症合併症を併発する場合など、急性期の患者さまも常時受け入れておりますので、治療方針に対してお困りの症例などがありましたらご相談ください。


施設認定

日本糖尿病学会認定教育施設
日本内分泌学会認定教育施設

Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
第1内科学教室のHPへ

ページトップへ