病院案内

診療科のご案内

神経内科



患者さまへ

神経系(大脳・小脳・脊髄・末梢神経)や筋肉などに炎症、変性、腫瘍、血管障害、代謝・ホルモン等の異常により生じる「からだ」の病気の診察を行っています。その点で、心理・社会的要素による種々のストレスが深く関与して生じる身体の病気を診察する心療内科、うつ病や統合失調症などを診察する精神科(神経科)、とは異なります。
症状としては、頭痛、ものわすれ、しびれやめまい、勝手に手足や体が動いてしまう、ふるえ(不随意運動)、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、むせ、ろれつがまわらない、ひきつけやけいれん、ものが二重にみえる、意識障害などたくさんあります。



診療科の特色
1. 特に治療を重視した診療方針(Treatable Neurology)

2. 脳血管障害、脳髄膜炎の急性期治療

3. パーキンソン病

4. 筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など神経難病の診療

5. 神経免疫疾患(重症筋無力症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群など)の治療

6. 大阪神経難病医療ネットワーク幹事施設
7. 患者・家族を医療チームで支える



医療機関さまへ
患者さまご紹介について


茂在敏司教授の着任(1974年)により発足した歴史のある神経内科部門です。
神経系(大脳・小脳・脊髄・末梢神経)や筋肉などに炎症、変性、腫瘍、血管障害、代謝・ホルモン等の異常により生じる「からだ」の病気の診察を行っています。その点で、心理・社会的要素による種々のストレスが深く関与して生じる身体の病気を診察する心療内科、うつ病や統合失調症などを診察する精神科(神経科)、とは異なります。症状としては、頭痛、ものわすれ、しびれやめまい、勝手に手足や体が動いてしまう、ふるえ(不随意運動)、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、むせ、ろれつがまわらない、ひきつけやけいれん、ものが二重にみえる、意識障害などたくさんあります。
治療を重視した"治る神経内科"をモットーに、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの神経難病から、重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群などの神経免疫疾患、末梢神経・筋疾患、そして脳炎・髄膜炎、脳血管障害、パーキンソン病、認知症疾患、頭痛まで、幅広く神経内科疾患に対応しております。また、大学病院の特性をいかし、脳神経外科、整形外科、精神神経科、リハビリテーション科などとも密に連携をとりながら診療を行っております。当科は大阪神経難病医療ネットワーク幹事施設です。
なお、神経内科外来は予約制をとっております。患者さまが長時間待たずに受診できるように、ご紹介の節には医療連携室を通じてご予約していただければ幸いです。


施設認定

日本神経学会専門医教育施設

Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
第1内科学教室のHPへ
神経内科教室のHPへ

ページトップへ