病院案内

診療科のご案内

眼科



患者さまへ

当科では、白内障、緑内障などよく耳にすることのある病気や網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性などの網膜疾患、斜視弱視などについていろいろな検査や治療を行っております。手術や薬で治る病気もあれば、早期に発見しないと治りにくい病気もあります。
いくつかの病気では自覚症状が出るかなり前から検査で発見できるものがあります。糖尿病網膜症での視力低下や緑内障での視野欠損は、自分で気がつくようになればかなり進行した状態であることが多いと言われています。たとえば飛蚊症はほとんどが自然の(生理的な)変化と言われていますが、中には網膜剥離が発見されることもあります。子供の遠視は見逃されたり、適切な治療を行わなかったりすると、一生視力の出にくい眼(弱視)になってしまうこともあり、早期の発見と治療が必要です。
眼に関して何か心配事があれば、当科までご相談にお越しください。



診療科の特色
1. 白内障手術
加齢性白内障に対する超音波水晶体乳化吸引術+眼内レンズ手術のみでなく、難治性白内障手術、小児白内障手術なども手掛けている
2. 網膜硝子体疾患
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔などの網膜硝子体疾患に対する手術治療を得意とする。加齢黄斑変性に対しては抗VEGF療法など、最先端の治療を積極的に導入している

3. 神経眼科疾患
視神経炎をはじめとする難治性神経疾患の画像診断および治療を得意とする
4. 斜視・弱視
小児の斜視手術だけでなく、大人の難治性斜視手術に対しても積極的に治療を行っている
5. 緑内障
眼血流測定のための新しい機器(レーザースペックル眼循環解析機)を全国に先駆けて導入し、緑内障の病態や進展と視神経乳頭血流の関係について解析を進め、治療法の開発に応用している。最近では難治性緑内障に対してチューブシャント手術を積極的に行っている
6. 角膜疾患
難治性角膜疾患に対する角膜移植術を行っている。最近は角膜内皮移植などの最先端の角膜移植術を積極的に導入している
7. ぶどう膜炎
サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病をはじめとするぶどう膜炎に対する内科的および外科的治療をバランスよく積極的に行っている
8. コンタクトレンズ外来
円錐角膜などの疾患に対するコンタクトレンズ治療を得意とする

9. 涙道外来・眼形成外科
鼻涙管閉塞症による流涙症に対して、内視鏡を使用した涙嚢鼻腔吻合術(鼻内法)を得意とする。その他の眼形成外科手術も積極的に行っている
10. 眼瞼痙攣・片眼顔面痙攣外来
ボツリヌス毒素療法による治療を得意とする

11. ロービジョン
視覚に障害のある患者さまに対してロービジョン外来を設け、患者さまの生活の質(QOL)を高めるためにロービジョンケアを積極的に行っている


医療機関さまへ
患者さまご紹介について



眼科では、各専門分野での先端医療の実践と、地域医療機関の先生方との連携をめざしております。 当科の特色は眼科のすべての領域で豊富な経験を持つ専門医が診療にあたっていることです。その結果 バランス良く質の高い治療を提供しています。従来から実績のある網膜剥離や糖尿病網膜症に対する手術加療、緑内障の診断と加療、神経眼科や小児眼科の検査、診断、加療などの分野に加え、最近は角膜疾患、ぶどう膜疾患、黄斑部疾患や眼循環外来、涙道疾患や眼形成などの専門外来も充実し、診療を行っております。
白内障手術も短期入院システムを運用、入院待ち期間の短縮を図っております。術後経過がよければ早めに逆紹介をお願いするなどで、病診連携を充実させたいと考えております。
毎週木曜日の午後6時からは大阪医大オープンカンファレンスを開催しております。カンファレンスのプログラムは随時お送りいたしますので、医局までご連絡ください。



施設認定

日本眼科学会専門医制度研修施設

Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
眼科学教室のHPへ

ページトップへ