病院案内

ホーム » 病院案内 » 各部門のご案内 » 診療科のご案内 » 心臓血管外科・小児心臓血管外科

診療科のご案内

心臓血管外科・小児心臓血管外科


●心臓血管外科


患者さまへ

心臓血管外科では、成人の先天性および後天性の心臓病と大血管(大動脈、大静脈)や手足の血管の病気を網羅的に治療しております。具体的には、 未治療のまま成人期にいたった先天性心疾患、 狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、大動脈弁や僧帽弁などを侵す心臓弁膜症、胸部や腹部の大動脈瘤や大動脈解離、さらに不整脈に対するペースメーカーや植え込み型除細動器(ICD)などの植え込み手術まで、心臓疾患や血管の疾患に関するすべての外科手術を行うことができる体制にあります。精度の高い術前検査を経て、その患者さんに最も適した治療方法の選定を行い、最高の技術をもって、納得いただける医療を提供することが当科の信条であります。また、治療にあたっては、病気の現状と各治療法について詳しくご説明申し上げ、患者さんやその御家族と一緒になって治療を行うよう心掛けております。



診療科の特色
1. 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)に対する検査と外科手術
冠状動脈バイパス手術(on-pump・off-pump)心室瘤切除術
心室中隔穿孔閉鎖術 Dor手術など
2. 心臓弁膜症(大動脈弁、僧帽弁、三尖弁、肺動脈弁を障害する)に対する検査と外科手術
弁形成術(僧帽弁形成率90%以上) 人工弁置換術など 重症例の積極的治療
3. 大動脈疾患に対する検査と外科手術
大動脈瘤・動脈瘤専門外来を常設 重症例の積極的治療 胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤、大動脈解離に対する人工血管置換術ステントグラフト内挿術 Marfan症候群やEhlers-Danlos症候群の生涯的管理と治療
4. 成人期先天性心疾患に対する検査と外科手術
心房中隔欠損症 心室中隔欠損症 Fallot四徴症 複雑心奇形など重症例の積極的治療
5. 心筋疾患に対する手術
拡張型心筋症に対する左室形成術(Batista手術、SAVE手術) 心筋切除術 
6. 心臓腫瘍(原発性、転移性)に対する手術
7. 不整脈に対する検査と外科手術
ペースメーカー植込みの決定と手術および手術後の機能検査
植込み型除細動器(ICD)植込みの決定と手術および手術後の機能検査
8. 末梢血管疾患に対する検査と外科手術
閉塞性動脈硬化症に対する動脈バイパス手術 血管形成手術


医療機関さまへ
患者さまご紹介について



当科への患者さまのご紹介に際しては、手術治療の要、不要のご判断は全く問いません。たとえ無症状で検査所見の異常のみであっても、あるいは、未だ精密検査を行っていない状態であっても、さらに、症状はあるが全く未検査の状態であっても、ご紹介いただいた患者さまがご納得いくまで丁寧にご説明申し上げ、確定診断と、その患者さまに最も適した治療法の選択肢を提示させていただきます。ご紹介元の先生方には、速やかにその結果と経過をご報告申し上げます。当科では、他施設に通院中の重症な患者さまへのセカンドオピニオンの提供、治療も積極的に行っております。是非、お声掛けください。



施設認定

日本外科学会専門医制度修練指定施設
日本胸部外科学会指定施設
心臓血管外科専門医認定機構の基幹施設
日本循環器学会循環器専門医研修施設


●小児心臓血管外科


診療科の特色
  以下のあらゆる先天性心疾患に対する手術治療を良好な成績で行っています
1. 心室中隔欠損、心房中隔欠損、動脈管開存などの比較的単純な心奇形
2. ファロー四徴、完全型房室中隔欠損、完全大血管転位、総動脈幹などの複雑心奇形
3. 左心低形成に対するノウッド手術、各種単心室に対するフォンタン型手術
4. 総肺静脈還流異常などに対する新生児緊急手術
5. 低出生体重児(未熟児、早産児)の動脈管クリッピング
6. 21-トリソミー、18-トリソミー、および13-トリソミーなどの染色体異常を合併する心疾患への手術介入
7. 人工物使用を極力使用しない独自の手術工夫
8. 劇症型心筋炎による重症心不全や重症呼吸促迫症候群に対する膜型人工肺治療
9. 成人先天性心疾患(再手術を含む)


医療機関さまへ
患者さまご紹介について



最近の先天性心疾患の治療の特徴は、@新生児・早期乳児での治療介入が8割を占める、A複雑心奇形や全臓器的対応の必要な重症例への対象が拡大、B胎児診断の発達と症例数の増加に伴う分娩管理から手術までの一気通貫の治療体制の重要性です。加えて、手術既往の有無にかかわらず様々な問題を有する成人先天性心疾患例が全国に40万人存在し、重要な治療対照群として再認識されてきました。これらのあらゆる先天性心疾患に対し、循環器グループをはじめとする他臓器をカバーする小児科医、新生児科医、胎児診断・産科医、循環器内科医、そして麻酔・集中治療医と共に一糸乱れぬチーム医療による治療展開を行っています。胎児超音波検査で心奇形が疑われる胎児、心雑音や多呼吸、チアノーゼを示す新生児や乳児、健診で異常を指摘された乳児や学童、小児期に心臓手術を受けられた成人をご紹介ください。ご紹介に際しての手術の要、不要のご判断や精密検査のご用意は不要です。入院中の患者さまへのセカンドオピニオンも行っております。また早急な判断・対応を必要とする場合は、ホットライン(下記)までご一報ください。先天性心疾患の知識と経験が豊富な小児科循環器グループが24時間体制で対応を行い、緊急性に応じて本院ドクターカーでお迎えに参上します。



施設認定

心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)
日本外科学会外科専門医制度修練施設(指定)
日本小児循環器学会修練施設群
日本循環器学会循環器研修施設



Go Next  
心臓血管外科 スタッフのご紹介
小児心臓血管外科 スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
動脈瘤専門外来開設のごあいさつ
小児心臓血管外科専門外来開設のご案内
胸部外科学教室のHPへ

ページトップへ