病院案内

診療科のご案内

腎泌尿器外科



患者さまへ

我々の基本理念は「今求められる医療の実践」を常に念頭に置いて、患者さまに喜ばれる“いい治療”特に大阪医大に特徴的な治療の開発と提供に取り組むことです。例えば、膀胱摘除を余儀なくされる浸潤性膀胱癌に対する膀胱温存治療は我々がこれまで行ってきた「ニーズにかなう医療」の一例です。“大阪医大式膀胱温存療法”は「抗癌剤動脈内投与+血液透析(極めて高濃度の抗癌剤を膀胱周囲組織に限局的に投与することが可能)+放射線照射を組み合わせた本学独自の集学的治療法」で、多くの患者さまを膀胱摘出することなく、また、通常の化学療法にみられる骨髄抑制や、消化管障害などの副作用を殆ど認めることなく、癌を完治させる画期的な治療法です。
また、近年急増する前立腺癌に対しては、早期癌には低侵襲手術である腹腔鏡手術(認定施設取得)を、転移を有する進行癌には「外来通院、内服処方」を基本とした“高齢者に優しい内分泌化学療法−大阪医大レジメ”を開発し、患者さま個々のニーズに応じた治療を行っています。この他にも、高齢者の腎癌に対する腹腔鏡下腎部分切除術や、リンパ節転移を有する進行性精巣腫瘍に対する腹腔鏡下リンパ節郭清術などの数々の先進的低侵襲医療を積極的に行っています。
今後も、これらの治療をさらに発展させるとともに、排尿障害や、男性内分泌医療など、幅広い領域にわたって、「ニーズにかなう医療の実践」に尽力していきたいと考えています。



診療科の特色
1. 膀胱癌に対する膀胱温存療法

2. 前立腺癌に対するロボット支援手術、あるいは、放射線治療

3. 腎癌に対するロボット支援手術、あるいは、分子標的薬治療

4. 腎不全に対する腎移植、および、透析(腹膜透析)

5. 結石破砕術:ESWL(入院及び外来)、内視鏡手術

6. 前立腺肥大症に対する内視鏡手術、温熱治療

7. 尿路感染症(性感染症)に対する診断と治療

8. 排尿障害(尿失禁、神経因性膀胱など)の診断と治療

9. 性同一性障害の診断と治療



医療機関さまへ
患者さまご紹介について



わが国においては高齢化が急速に進んでおり、疾患の様相も大きく変化してきています。
泌尿器科領域では、特に、排尿困難、頻尿、尿失禁など、排尿障害を訴える患者さまが増加し、また最近の傾向として、早期に発見される悪性腫瘍(腎癌、膀胱癌、前立腺癌など)の患者さまが増えています。性機能障害や男子更年期障害も中高年者にとって深刻な問題です。
当院腎泌尿器外科では、このような生活の質(QOL)を著しくそこねる疾患を有する患者さまたちに対して、地域医療機関の先生方との密接な連携のもとに全人的な医療をめざしています。


最近の取り組み

尿失禁、性器脱に対しての積極的治療(行動療法、手術療法など)
膀胱癌に対しての膀胱温存の試み

詳しくは泌尿器科学教室のホームページまで


施設認定

日本泌尿器学会教育施設
日本性機能学会認定施設


Go Next  
スタッフのご紹介
診療担当表へ
臨床指標へ
泌尿器科学教室のHPへ

ページトップへ