病院案内

ホーム » 病院案内 » 各部門のご案内 » 病院医療情報部

関連部門

病院医療情報部

病院医療情報部とは?

医療業務のIT化に伴い、多くの病院でコンピュータが導入されています。大阪医科大学附属病院も例外ではなく、病棟・外来など院内で電子カルテ端末・医事端末合わせて1500台以上のコンピュータが稼動しています。私たち病院医療情報部はそのような、病院を支えるコンピュータの管理・運営をしています。

主な業務は、「@院内のコンピュータシステムの管理」として、電子カルテシステム等の不具合に関する問い合わせの対応や、コンピュータ間の疎通がスムーズにできるようネットワークの保守管理を行っています。 
また、「Aデータの管理」として、患者さまの診察、検査結果やお渡しする処方箋のデータなどを管理しており、セキュリティ対策の中心業務も行っています。

このように、病院全体が円滑、かつ正確に運営できるよう働きかけています。病院医療情報部ではわたしたち専任職員だけでなく、医師、看護師、放射線技師、薬剤師、検査技師などのさまざまな職種の兼務職員たちの協力でこのような仕事をささえています。



イメージ イメージ


ページトップへ