病院案内

ホーム » 病院案内 » 各部門のご案内 » 感染対策室

感染対策室の理念および実績

感染対策室TOPへ | 専任医師プロフィール | スタッフ紹介
臨床研究について | 第三内科
感染対策室の理念

大阪医科大学附属病院感染対策室は、院内感染対策を適切に実施するだけでなく、感染症診療における適切な助言を行うことで、患者や医療従事者の安全確保ならびに耐性菌の発生予防に貢献します。

@ 院内感染の発生予防に努めるとともに、院内感染発生時には適切な対応を行います。
A 医療従事者に対する感染対策や感染症診療に関する教育を行うとともに、感染対策に関するエビデンスを発信します。
B 行政や関連医療機関と協力して地域の感染対策のレベルアップに貢献します。


業務
感染対策室は次のような業務を行っています。

  • (1)感染対策についての啓発・教育・広報活動
  • (2)感染対策マニュアル及び抗菌薬使用マニュアルの作成・整備
  • (3)感染対策実務
  • (4)感染対策処置・予防の評価と指導
  • (5)職業感染対策(職員ワクチン接種含む)
  • (6)病院感染サーベイランス
  • (7)院内感染発生時の対応
  • (8)院内環境衛生
  • (9)感染対策室ミーティング、感染管理委員会の準備
  • (10)感染症診療支援
  • (11)その他

対外的な活動
  • 1. 北摂四医師会感染対策ネットワークへの参加(代表:浮村聡)
      (総会2回、1-2連携計4回)
  • 2. ICNによるICN養成講座
  • 3. 1-1施設相互ラウンド(各1回)
  • 4. 私立医科大学感染対策協議会相互ラウンド(各1回)
  • 5. 近畿四私大医療安全感染対策協議会(年2回)
  • 6. 市民公開講座(感染症)(高槻健康づくり推進協議会)
  • 7. JANIS、北摂四医師会ネットワークでの耐性菌サーベイランス

診療支援実績

平成27年度から専任の浮村室長、大井副室長が担当する院内専用感染症コンサルテーションを開始しました。診療科は総合診療科で診療します。

平成26年度
1.コンサルテーション20-30症例/月、
2.血液培養診療支援(1を除く)20-30症例/月   ICTラウンド介入30-50症例/月

総合診療科


学会・研究活動

研究実績

平成26年度
論文(国内)1報1. IASR Vol. 35 p. 227-228: 2014年9月号
論文(海外)6報
1. Intern Med. 2014;53(18):2111-3.
2. Intern Med. 2014;53(15):1699-703.
3. J Infect Chemother. 2014 Oct;20(10):627-30.
4. Intern Med. 2014;53(2):109-14.
5. Clin Microbial 2014, 3:2
6. J Nephrol Ther 2015, 5:1

国際学会発表2回
1. ESC, Barcelona 2014 Aug.
2. ESCAIDE, Stockholm 2014 Nov.

国内学会発表13回
1. 第111回日本内科学会 2014年4月 一報、
2. 第31回日本TDM学会 2014年5月 1報、
3.4. 第86回日本感染症学会総会 2014年6月2報、 
5.6. 第62回日本化学療法学会 2014年6月 2報、 
7. 第62回日本化学療法学会西日本支部総会2014年10月1報、
8.9.10. 第57回日本感染症学会中日本地方会学術集会2014年10月3報、 
11.12.13. 第29回環境感染学会,2014年3月3報

平成25年度
論文(国内)1報1. 癌と化学療法. 2013 Nov;40(11):1511-4.(邦文)
論文(海外)4報
1. J Infect Chemother. 2013 Jun;19(3):426-31.
2. BMJ Open. 2013 Dec 20;3(12):e003971.
3. Intern Med. 2014; 53(2):109-14.

総説
国際学会発表4回
1. 2013 25 56―60浮村聡、大井幸昌、神崎裕美子
1. 欧州循環器学会(ESC) 2013 8月 オランダ アムステルダム (Ukimura, Kanzaki)
2. the 28th International Congress of Chemotherapy and Infection (ICC 2013) Yokohama, Japan (Ukimura, Ooi)
3. the 28th International Congress of Chemotherapy and Infection (ICC 2013) Yokohama, Japan (Ooi, Ukimura)
4. 米国総合診療医学会(SGIM) April,2013 米国 デンバー (Ukimura)
国内学会発表11回

2015年度 実績
アクセプトされ発表予定の学会
第89回日本感染症学会(京都)2報
ECCMID2015欧州臨床微生物感染症学会(コペンハーゲン)
第63回日本化学療法学会総会(東京)1報

Go Next  
感染対策室TOPへ
専任医師プロフィール
スタッフ紹介
臨床研究について
第三内科

ページトップへ