平成27年度 大阪医科大学附属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1244 673 410 765 1564 1912 4171 5534 2059 108
当院の立地している周辺には市民病院が無く、特定機能病院である当院は、地域における中核病院としても役割を担っており、幅広い年齢層の患者に対して医療を提供しています。50歳未満の患者様の累計は25.2%であり、4人に3人は50歳以上の患者様となっています。70代の患者様が最も多く全体の3割を占めます。超高齢化社会を迎える我が国において70代以上の割合が増加していくと思われますが、地域がん診療拠点病院でもあり大阪府地域母子周産期医療センターの役割も担う当院では若年層の患者様への医療提供も一定割合で計上されていくと思われます。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 273 22.56 17.69 0.73% 68.78 ①パスシート_R-CHOP
②クリニカルパス_血液内科_リツキサン
③クリニカルパス_血液内科_ESHAP
④パスシート_R-CHEP
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 140 13.7 15.35 1.43% 65.72  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 54 16.33 13.64 1.85% 65.91
内科として当院で治療している診療科は血液内科、腎臓内科、糖尿病代謝内分泌内科、総合診療科となります。
各診療科で最も患者様の多い入院症例がそれぞれ上位1~3位となっており。この順位は平成26年から変わっていません。
最も多い症例は非ホジキンリンパ腫の化学療法を行う治療となっています。次いで2型糖尿病の教育入院、合併症検査入院の症例が多くなっています。
最後は腎臓内科で行っている慢性腎不全等に行う内科的治療のコードとなっています。
精神神経科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040130xx99x1xx 呼吸不全(その他) 手術なし 手術・処置等2 あり - 16 19.27 0% 71
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 68 7.03 0% 75
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり - 33 43.59 0% 65
精神神経科の上位3症例は全て患者数が1となっています。これは診療科が本来担うべき精神疾患の治療とは別に他診療科と連携して治療にあたった症例が対象となっているためです。表示されているのは3症例のみですが、10症例を超える症例数があり、身体合併症の患者様にも診療科間で連携して医療提供を行っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 152 12.39 13.38 2.63% 68.06
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 148 3.2 3.29 0.68% 70.73
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 52 17.5 15.00 7.69% 70.06
呼吸器内科の上位3症例は全てが肺癌の患者様となっています。呼吸器内科の症例の67.4%で3人に2人以上が肺癌の症例であり、地域がん拠点病院としてがん治療に積極的に取り組んでいる結果となっており前年度から患者数も増加しています。1位の治療は化学療法であり、2位は気管支ファイバースコピーや生検による診断目的の治療です。3位は気管支内視鏡検査目的の症例となっています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 125 12 9.95 0% 66.26 パスシート_FN療法
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 96 12.6 10.93 7.29% 72.82
060040xx99x5xx 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 92 6.89 4.29 0% 57.92
消化器内科での1位は食道がんの化学療法、2位は閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置術や総胆管結石に対する内視鏡的胆道拡張術といった症例となります。3位は主に直腸がんに対する化学療法の治療(オキサリプラチン)となっており、前年度から大幅に症例数が増えています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 324 4.76 3.07 0.31% 69.67 パスシート_CAG・PCI
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 244 6.5 4.87 0.41% 70.85
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 189 6.48 5.68 0% 63.04 パスシート_アブレーション(abs)
循環器内科での1位は狭心症や陳旧性心筋梗塞に対する心臓カテーテル検査の治療であり、病院全体でも5番目に多い症例です。2位は同疾患に対するカテーテルによる治療です。バルーンカテーテルによる血管拡張術やステントといわれる医療材料による血管内治療が行われた症例です。この2症例で循環器内科の3割を占めています。3位は不整脈に対する心筋焼灼術といわれるカテーテル治療で上位3症例は前年から変わっていませんが全体的に症例数は増えています。
リウマチ膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 95 41.47 18.15 12.63% 61.04
070470xx99x5xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 5あり 49 7.31 6.72 2.04% 66.22
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 25 36.52 20.63 0% 68.68 パスシート_気管支鏡検査
リウマチ膠原病内科では、全身性エリテマトーデス、関節リウマチに代表される膠原病の診断と治療を行っています。症例数1位の全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患は、顕微鏡的多発血管炎 やループス腎炎、皮膚筋炎性間質性肺炎と様々な疾患が含まれます。2位の関節リウマチに対する治療は抗IL-6剤(トシリズマブ)や抗T細胞剤(アバタセプト))と呼ばれる化学療法となり症例数も年々増えています。3位は間質性肺炎の治療となっており入院期間は平成26年度の全国平均と比べても若干長くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 152 6.23 5.72 0% 3.78
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 55 7.53 5.50 0% 5.02
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 手術・処置等2 なし 41 9.32 9.73 0% 12.8 パスシート_大腸内視鏡検査
当院の小児科では一般に小児「内科」領域の疾患を扱っており、症例数1位も肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)となっています。2位もウイルス性腸炎で共に感染性疾患に対する治療となっております。3位に入っているクローン病は大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす炎症性腸疾患の一つで症例数も去年より大幅に増加しています。上位3疾患には入っていませんが、4位には急性白血病に対する化学療法治療も40症例あります。少子高齢化の我が国において15歳以下の子供の数は減少していますが、現段階で小児科の症例数は横ばいもしくは増加傾向にあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 147 19.67 17.41 1.36% 67.88
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 118 22.39 18.36 0.85% 63.89 ①パスシート_結腸手術クリニカルパスa日程
②パスシート_直腸切除クリニカルパス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 71 5.87 6.79 0% 60.51 パスシート_乳房切除術パス
外科として当院で治療している診療科は一般・消化器・小児外科と乳腺内分泌外科になります。症例数1位は結腸の悪性腫瘍、2位は直腸肛門の悪性腫瘍で共に一般的には大腸がんと総称されるがんに対する手術治療になります。当院ではほぼ全て(9割以上)が腹腔鏡下手術による低侵襲手術となっており、肛門機能温存手術を取り入れたテーラーメイド治療を行っています。3位には乳がんに対する乳房部分切除の症例となっています。これら外科領域の症例数も前年と比較して増加傾向にありますが、我が国に多いと言われている胃がんに対する治療は4位となっており、その症例数も減少傾向にあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 57 27.07 27.21 42.11% 74.54 パスシート_TKA
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 定義副傷病 なし 44 30.86 24.95 52.27% 65.95
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 44 23.91 14.41 29.55% 47.39 パスシート_足の手術
整形外科では膝の人工関節置換術の症例が最も多く、患者様の平均年齢も74.5歳と高くなっています。次いで股関節に対する人工関節置換術の症例が多くなっており、1位2位ともに人工関節置換術の手術となっています。患者様の平均年齢がともに高いことを考えると今後の高齢化において症例数は増えていくものと思います。3位には滑膜炎や変形性足関節症に対する関節滑膜切除術や関節固定術の症例であり、去年と比べても症例数は倍近く増えています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 26 2.92 3.26 0% 2.77
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 22 8.95 10.59 0% 61.95 パスシート_下肢リンパ浮腫
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 22 5.18 4.38 0% 30
形成外科は顔面骨と全身の軟部組織を対象とする、非常に広範囲な治療領域を持つ診療科です。最も症例数が多い【母斑、母斑症 手術なし】という症例は下腿部の単純性血管腫や異所性蒙古斑や母斑に対するレーザー治療になります。次いでリンパ浮腫に対するリンパ管吻合術の症例が多く、同数で皮膚にできた腫瘍を切除する治療が並びます。4位以下にはそれほど症例数に差がなく、眼瞼下垂や顔面損傷、鼻骨骨折整復固定術の治療などが続きます。
脳神経外科血管治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 47 3.21 3.15 0% 63.87 パスシート_DSA
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 7.92 10.08 2.78% 68.94 パスシート_脳動脈瘤コイル塞栓術
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 35 26.09 22.55 11.43% 64.8 パスシート_脳腫瘍
脳神経外科では脳・脊髄疾患全般に対して、診断や外科的治療を行っております。最も多い症例は脳動脈瘤に対する動脈造影カテーテル検査となっています。次いで同じく脳動脈瘤に対するコイル塞栓術やステント留置術となっています。3位には脳腫瘍に対する摘出手術を行う症例です。当科では蛍光色素を用いて腫瘍の可視化を行い、最新の顕微鏡や各種機器により摘出術を行っています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 126 15.71 13.03 0% 67.68 パスシート_肺腫瘍手術
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 21 25.38 21.39 0% 77.48 パスシート_肺腫瘍手術
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 15 12.2 9.68 0% 27.73
呼吸器外科では1位、2位が肺がんに対する治療となっており、行っている手術も肺悪性腫瘍手術が大部分を占めています。症例としての相違点は術後に中心静脈注射を行ったかどうかの違いであり、実質的に大きな違いはありません。両コードで147件となり呼吸器外科全体の半分以上を占めます。地域がん拠点病院としての役割から地域と連携して肺がん治療に取り組んでおり症例数は去年と比べても増加しています。次いで気胸にたいする肺部分切除の手術を行う症例が15件で続いています。当院で完結する治療が多く転院率は高くありません。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 36 17.31 16.65 8.33% 76.58
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 30 31.53 25.69 6.67% 70.37
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 24 33 23.57 8.33% 69.88
心臓血管外科大動脈瘤・動脈瘤専門外来を常設しており、重症例の積極的治療ことから胸部や腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術ステントグラフト内挿術の症例数が第1位となっています。第2位には心臓弁膜症に対する弁置換術や冠動脈,大動脈バイパス移植術の症例が続き、第3位には 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)に対する冠動脈、大動脈バイパス移植術や弁形成術の手術症例となっています。心臓血管外科では重症例への積極的治療を行っていることから、在院日数も他科に比べて長く転院率も高くなる傾向にあります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 140 10.13 11.08 0.71% 55.31 パスシート_網膜硝子体手術用
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 121 10.71 9.57 0% 66.59 パスシート_緑内障
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 90 8.31 7.99 0% 67.52 パスシート_網膜硝子体手術用
眼科で最も多い症例は白内障に対する手術症例ですが、集計範囲からは除外されているため上位3位には上がってきていません。しかしながらその症例数は毎年1000例を超え病院全体でも最も多い症例となっています。集計範囲で1位となっているのは網膜剥離に対する網膜復位術や硝子体茎顕微鏡下離断術と呼ばれる手術症例となっています。次いで緑内障に対する手術であり、黄斑変性症に対する手術症例が続きます。いずれも当院で完結する治療が多く転院率は高くありません。
耳鼻咽喉科頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 102 10.81 7.94 0% 51.99 クリニカルパス_耳鼻咽喉科_鼻・副鼻腔手術
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 21.12 12.32 1.32% 64.58 パスシート_頚部郭清術パス
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 73 11.01 10.12 0% 45.3 パスシート_滲出性中耳炎
耳鼻咽喉科頭頸部外科では耳、鼻、のどの疾患の診断と治療、顔面神経麻痺、めまいなどを耳鼻咽喉科が担当し、頭頸部外科分野では、癌をはじめとする耳鼻咽喉領域の腫瘍(口腔を含む)や甲状腺腫瘍、唾液腺(耳下腺・顎下腺)腫瘍の治療も専門としています。上位3症例をみてもそれぞれの手術症例があがっており、1位は耳下腺良性腫瘍に対する腫瘍摘出術の症例であり、2位には耳下腺癌や下顎歯肉癌 、声門癌や頚部リンパ節転移といった頭頸部悪性腫瘍に対する手術症例が続いています。第3位には主に中耳炎や中耳真珠腫を対象とした鼓室形成手術の手術症例となっています。これら症例は40歳~60歳の患者様が多く、平均年齢も他科と比較して低くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 45 21.13 18.08 33.33% 69.73
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 44 21.55 19.87 11.36% 57.73
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 20 18 15.23 10% 66.85
神経内科では神経系(大脳・小脳・脊髄・末梢神経)や筋肉などに炎症、変性、腫瘍、血管障害謝・ホルモン等の異常により生じる「からだ」の病気の診察を行っています。最も多い症例は脳梗塞の症例に対する内科的治療(画像診断)であり、JCSといわれる意識障害の深度(意識レベル)が10未満と比較的重症化が進行していない疾患が対象となっています。2位には慢性炎症性脱髄性多発神経炎やGuillain-Barre症候群に対するガンマグロブリン療法の症例で第3位は筋萎縮性側索硬化症に対する内科的治療と共に難病疾患となっています。これは当科が大阪神経難病医療ネットワーク幹事施設として地域における難病治療の役割を担っていることから症例数が多いものと考えられます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 78 7.23 8.97 0% 68.51
03001xxx0110xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 14 5.29 14.02 0% 69.43
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 13 2.46 4.38 0% 51.77
膚科では第1位の帯状疱疹において早期診断・点滴治療が必要な入院治療が78症例と当科の約半数を占めています。次いで頭部や顔面にできた基底細胞がんに対する単純切除術の症例が続き、第3位には結果的には”がん”ではなかった背部や腹部等にできた良性腫瘍の切除術の症例となっています。第4位には黒色腫、皮膚悪性腫瘍に対する切除術が続き、2位、4位のいわゆる”皮膚がん”の症例数が前年より大幅に増加しています。
腎泌尿器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 447 6.05 7.59 0.22% 68.36 パスシート_経尿道的膀胱腫瘍切除
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 275 35.77 12.36 0.73% 67.1 ①パスシート_BOAI分割
②パスシート_新GC療法_分割
③パスシート_新GC療法+RT療法 分割
④パスシート_BOAI+HD分割
110080xx01x1xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 1あり 62 12.5 18.53 0% 69.26
腎・泌尿器外科で最も多い症例は膀胱腫瘍に対する経尿道的に行う膀胱悪性腫瘍手術です。この症例数は447件あり病院全体でも白内障の手術症例についで2番目であり、この集計条件下では最も多い症例数となります。第2位となる膀胱腫瘍に対する化学療法の治療も275件と全体で4位、同条件かでは3位とかなり多くの症例数があります。第3位には近年急増する前立腺の悪性腫瘍に対する手術症例となっています。病名の観点から見ると、膀胱悪性腫瘍は当院において最もおおい症例となっており、多くの患者様が腎泌尿器外科において治療を受けられていることがわかります。
産科・生殖医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 25 1.44 2.34 0% 35.92 パスシート_AUS
120130xx97xxxx 異所性妊娠(子宮外妊娠) 手術あり 12 8 6.33 0% 33.42
120050xx01x0xx 絨毛性疾患 胞状奇胎除去術等 手術・処置等2 なし - 1.83 2.49 0% 33.17
産科で本来最も多い症例は普通分娩で100例を超える症例数がありますが、この集計条件下では除外されるため1位になるのは流産の症例となります。
この症例の7割以上は人工妊娠中絶となっており、一般的に流産とよばれる病状とは少し異なります。次いで子宮外妊娠に対して行われる腹腔鏡等を用いた手術症例となっています。第3位には胞状奇胎症例に対する手術治療の症例となっています。
婦人科・腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 384 4.55 5.33 0% 56.94 パスシート_dose denseTC day8・15
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 173 3.89 5.17 0% 57.72 パスシート_dose denseTC day1[2コース目以降]
12002xxx99x00x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 98 3.77 9.21 6.12% 58.81
当婦人科・腫瘍科は、ご婦人の不正出血や子宮・卵巣に関する良性・悪性疾患を中心に診断治療を行う科です。良性腫瘍・初期癌については、薬剤治療や腹腔鏡下手術をはじめとする低侵襲な術式による手術をめざし、子宮や卵巣などの温存を心がけています。悪性腫瘍では初期から進行がんまで年間約200例の婦人科悪性腫瘍症例を治療しています。最も多い症例である子宮頚癌・子宮体癌に対する化学療法の治療は384件と病院全体でも3番目、集計条件下では2番目に多い症例となっています。ついで卵巣癌に対する化学療法の治療、3番目には子宮頚癌・子宮体癌に対する子宮鏡検査目的の入院症例となっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし - 11.25 14.34 12.5% 63.63
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし - 10.67 12.60 0% 76.5
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - 13.2 18.99 20% 79.8
救急科は当院では救急医療部で入院治療を行った症例になっています。公開情報の集計条件では最終的に退院した診療科で症例数が計上されます。入院した時は救急医療部でも症例によっては専門診療科に転科することも多く、退院日まで救急医療部で診療する症例はあまり重篤ではない症例が多くなります。最も多い症例は肺炎に対する内科的治療の症例であり、次いで尿路感染床、敗血症の順番になっています。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2 なし 10 8 14.25 0% 74.1
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし - 14.25 9.53 0% 45.88
070343xx99x21x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 あり - 16.5 13.20 0% 77.33
麻酔科(ペインクリニック)では、様々な痛みの緩和を目的として治療を行っています。頚椎・腰椎の疾患(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)、五十肩、帯状疱疹(ヘルペス)後による神経痛、三叉神経痛、複合性局所疼痛症候群などのさまざまな痛みを持つ病気に対し、神経ブロックを中心とした治療を行っております。最も多い症例になっている遺伝性ニューロパチーは帯状疱疹後の神経痛のことで、痛みを和らげる治療を入院治療で行った症例です。次いで椎間板変性、ヘルニアの症例、3番目には脊柱狭窄とそれぞれ神経ブロック治療の症例となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 145 23 47 103 26 23 1 7
大腸癌 144 91 212 166 21 81 2 7
乳癌 76 95 11 - 10 - 1 7
肺癌 103 26 99 167 147 102 1 7
肝癌 22 41 20 14 13 128 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は大学病院であると共に国指定の地域がん診療連携拠点病院であります。
がん治療に関しましても高度な先進的医療を提供いたしております。
また当院がんセンターでは多職種のスッタフが集まり診断から治療、看護、患者相談など
がんとの横断的な取り組みを行なっています。
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数の表
 
上記は5部位の病期(ステージ)別の患者数を示しています。
病期(ステージ)とはUICC(国際対がん連合)によって定めら分類で①原発巣の広がり②所属リンパ節転移の有無③遠隔転移の有無、以上の3つの要素で評価しⅠ期から4期で表しています。
 
胃癌ではⅠ期、大腸癌ではⅠ期Ⅱ期の患者さんの割合が非常に高くなっていますが、これは内視鏡的治療や腹腔鏡下治療が多く行なわれていて少しでも患者さんの体への負担を減らせるように努めています。またⅢ期Ⅳ期の割合も高くこれらは術前、術後の化学療法の患者さんが多くおられることになります。
肺癌ではⅠ期の患者さんには胸腔鏡下治療が行なわれ、Ⅲ期やⅣ期の患者さんの割合が非常に高くなっておりますがこれは化学療法をされる患者さんが多くおられることになります。また肺癌では再発の患者さんの割合も高くなっています。
肝臓癌は再発の患者さんが非常に多く、手術やその多の治療のための入院が多いことがわかります。
 
なおUICC病期分類で不明に分類されている症例は検査入院のため結果が未だの場合や、
また遠隔転移の有無の評価が未だの場合は退院後に総合評価される場合などです。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 21 10.14 55.33
重症度 1 28 13.29 71.32
重症度 2 22 14.77 80.09
重症度 3 - 27.57 79.29
重症度 4 - 4 74
重症度 5 - 0 0
不明 - 11 27
患者数が多いのは重症度0~2の軽症症例ですが、重症度3,4も少なからず存在します。重症度が上がるごとに治療に日数がかかっていることが表われています。 また平均年齢も重症度と相関していることがわかり、市中肺炎は年齢が上がるごとに重症化していることが分かります。 成人市中肺炎診療ガイドラインでは軽症の患者さんは外来治療となっており、入院 加療の必要がないことも多いですが、基礎疾患があったり、癌の既往があることで重症化を危惧され入院となるケースもあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - 8.75 77.38 12.5%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - 0 0 0%
I63$ 脳梗塞 3日以内 133 26.76 72.79 39.85%
その他 28 21.82 65.32 32.14%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - 11.71 76.57 0%
その他 56 7.5 73 1.79%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - 9.89 58.78 0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - 13.75 40.63 0%
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - 0 0 0%
脳梗塞等の分類にあたる患者さまの集計なので、脳神経外科や神経内科に入院された患者さまになります。一般的にいわれる脳梗塞にあたるI63$に分類される症例の割合が高く、特に発症日から 3 日以内の急性期脳梗塞が133件と多く集計全体の半数以上を占めます。
この分類においては、脳梗塞には至らない他分類と比較しても平均在院日数も長く、転院率も高いことから、やはり長期間の治療が必要なことがわかります。平均して20日~30日間程度の入院期間で治療とリハビリを行い、自宅もしくは施設に帰られるか、3割ほどの患者さんが継続リハビリのためによりリハビリを専門とする病院に転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 9.83 6.33 0% 66.33
K654 内視鏡的消化管止血術 - 9 40.67 33.33% 69.67
K6112 抗悪性腫瘍静脈持続注入用埋込型カテーテル設置(四肢) - 4 15.67 0% 74.33
内科の標榜科に含まれる診療科は血液内科、腎臓内科、糖尿病代謝内分泌内科、総合診療科となります。この集計条件下では退院した診療科で集計されるため、実際には別の診療科で治療が行われている症例もあります。
第1位は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術で胃・大腸・食道の早期がんに対して粘膜層下から病巣を切除する治療です。
第2位は胃や大腸の病変を切除した後に出血が認められた場合に内視鏡下で止血を行う治療になります。
第3位は悪性腫瘍の患者に対し抗悪性腫瘍剤を局所持続注入すること又は疼痛の制御を目的として,チューブ又は皮下埋込型カテーテルアクセスを設置する治療となっています。
精神神経科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建(眼内レンズ挿入・その他のもの) - 1.75 2 0% 62.75
K4151 舌悪性腫瘍手術(切除) - 1 58 0% 47
K596 体外ペースメーキング - 0 25 0% 68
精神神経科で表示している手術は原則、他の診療科で行われたものです。手術後に精神疾患の治療のために精神科へ転科してきて退院した症例となっています。第1位は眼科の手術で2位も舌がんの手術、3位は循環系の手術となっています。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - 16.33 74.67 66.67% 62.33
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 12 42 50% 64.5
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) - 27 30 50% 85
呼吸状態の悪化、気管内挿管を繰り返す可能性が非常に高い症例時に、気管切開術を施行しております。また、栄養状態が悪化している場合は胃瘻造設術(栄養チューブの造設)を行っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 115 3.01 15.57 11.3% 73.16
K6532 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 98 1.2 7.14 1.02% 70.67
K697-32ロ 肝悪性ラジオ波焼灼2cm超・他 76 1.55 8.43 1.32% 73.12
胃がん、肝臓がんに対するお腹を切らない手術(内視鏡手術)の件数が上位に入っています。胆道の手術は、がんの他にも結石や良性の狭窄に対して行われるため件数が最も多くなっています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 186 2.91 4.2 0.54% 71.07
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺/心外膜アプローチ) 152 2.87 3.31 0% 64.14
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 60 2.4 3.18 1.67% 70.77
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術と経皮的冠動脈形成術とといった心臓カテーテル治療の症例が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。身体への負担少なく、上位3位の術式は平均で術前3日以内、術後も3~4日で退院することができます。
リウマチ膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - 18.88 34.88 0% 68.5
K721-21 大腸ポリープ切除術(直径2cm未満) - 7.4 41 20% 69.6
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - 6 105.67 33.33% 52
リウマチ膠原病内科では基本的に手術を行いません。他科で手術を行った後、転科した症例であり、術前日数は長く、術後の日数も非常に長くなっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 28 0.07 36.25 0% 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - 0 83.67 0% 0
K6182 中心静脈栄養用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 4.33 44 0% 7.33
新生児にみられる呼吸障害、循環障害、筋緊張の減弱、痙攣、代謝異常などの新生児仮死の救命、ならびに神経障害を最小限にとどめるため、速やかに蘇生措置を行っています。(仮死1度:軽度新生児仮死  仮死2度:重度新生児仮死)
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 153 2.65 16.97 1.31% 67.88
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除) 119 2.7 22.45 0.84% 62.82
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 110 1.37 3.45 0% 60.34
腹腔鏡手術を積極的に導入することにより、安全で高度な技術を要した先駆的な手術を行っております。大腸疾患に対する手術の97%以上が腹腔鏡で施行しており、4000例以上の手術症例数を誇っています。また、胆嚢疾患に対しても腹腔鏡下にて手術を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 117 3.11 24.75 42.74% 70.08
K1426 椎弓形成術 35 4.26 23.94 25.71% 69
K110-2 第一足指外反症矯正手術 29 2.52 27.83 3.45% 59.59
最も多い手術は股関節に対する人工関節置換術で人工骨頭を埋め込む手術です。次いで頸椎性脊髄症に対して行う椎弓形成術(椎弓形成術)であり、最後に外反母趾に対する手術として行われる第一足指外反症矯正手術となっています。それぞれ前年よりも手術件数は増えています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 22 1.05 6.91 0% 61.95
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 18 0.89 7.67 0% 68.33
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 16 0.13 1.13 0% 66.56
最も多い手術はリンパ浮腫に対するリンパ管吻合術です。皮膚にできた悪性腫瘍を切除する手術が2番目となっています。3番目には眼瞼下垂に対する手術で、形成外科の手術の特徴して術前日数が短い点が挙げられます。平均しても1日もないので入院当日に手術が行われています。
脳神経外科血管治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 86 9.63 34.94 19.77% 63.9
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 47 3.47 7.06 6.38% 73.7
K1781 脳血管内手術(1箇所) 44 1.52 16.73 9.09% 61.64
脳腫瘍に対しては、当科が独自に研究してきた蛍光色素を用いて腫瘍の可視化を行い、最新の顕微鏡や各種機器を駆使して摘出術を行っています。また脳血管障害の治療には、血管内治療の機器および技術の進歩とともに、脳動脈瘤に対するコイル塞栓術や血管狭窄に対するステント留置術が増加しております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡・肺悪性腫瘍術(肺葉切・1肺葉超え) 58 2.33 13.24 0% 69.91
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 45 2.31 11.29 0% 69.27
K5143 肺悪性腫瘍術(肺葉切除又は1肺葉超える) 25 2.4 17.16 0% 69.24
呼吸器外科の手術は上位3術式共に肺がんに対する切除手術であり、1位、2位は胸腔鏡下の手術となっておりその違いは切除範囲となっています。3位の肺悪性腫瘍術と比較すると分かりやすいのですが、胸腔鏡下の手術は身体への負担が少ないことが平均術後日数の短さに現れています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 40 7.9 26.63 7.5% 69.45
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈・その他のもの) 32 7.66 25.06 9.38% 71.22
K5551 弁置換術(1弁のもの) 31 10.74 24.16 6.45% 73.71
心臓血管外科で最も多い手術症例は不安定狭心症や心筋梗塞に対して行う2吻合以上の冠動脈、大動脈バイパス移植術になっています。次いで腹部大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術となっており、3番目に大動脈弁狭窄症に対して行われている弁置換(1弁のもの)になっています。それぞれ30件~40件と大差はありませんが、心臓血管外科の手術は前年と比較して件数は増加しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建(眼内レンズ挿入・その他のもの) 1069 0.96 2.04 0% 74.2
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 355 1.26 7.25 1.13% 63.57
K2423 斜視手術(前転法及び後転法の併施) 62 1 1.02 0% 22.05
白内障に対して眼内レンズを挿入する手術を多く手がけております。次いで網膜剥離、黄斑円孔、増殖網膜症等、様々な症例に対して硝子体離断術を行っています。その他には緑内障手術、斜視手術の件数も多く行っております。
耳鼻咽喉科頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 82 1.94 8.05 0% 43.7
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 63 2.06 7.92 0% 49.73
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 46 1.8 5.8 0% 55.37
中耳炎に罹患している症状に対して行う鼓室形成術を最も多く行っております。鼓室形成術は、病巣を除去するとともに鼓膜・耳小骨連鎖を再建し、聴力の改善を目的とする手術です。次いで、耳下腺腫瘍に対する耳下腺腫瘍摘出術、副鼻腔炎に対して内視鏡を用いて手術を行っております。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - 12.2 53.2 40% 58.4
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) - 44.75 25.75 50% 58.5
K502-4 拡大胸腺摘出術 - 14 33.5 0% 55.5
神経疾患に合併する呼吸障害や栄養障害に対しては、適応の範囲で気管切開術や胃瘻造設術を導入しています。また、重症筋無力症の治療のひとつである拡大胸腺摘出術についても、呼吸器外科と共同で治療観察しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 41 0.44 6.46 0% 72.07
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部、長径2cm以上4cm未満) - 0 1.25 0% 52.25
K0053 皮膚・皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - 0 2.43 0% 62.57
皮膚の悪性腫瘍に対する切除術を積極的に行っておりますが、悪性腫瘍に対する外科的治療だけではなく良性腫瘍に対しても手術による治療を行っております。
腎泌尿器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 その他のもの 451 1.29 3.98 0.22% 68.47
K843 前立腺悪性腫瘍手術 74 2.49 8.99 0% 69.16
K610-3 内シャント設置術 47 7.04 18.64 8.51% 66.89
腎泌尿器科で最も多い膀胱悪性手術 経尿道的手術は膀胱がんに対する手術です。尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。開腹による腫瘍切除手術に比べて身体への負担が少ない治療法で術前・術後の平均日数は短くなっています。次いで前立腺悪性腫瘍手術であり、末期腎不全の治療として人工透析を行うための内シャント設置術が3位となっています。
産科・生殖医学科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 22 0.05 0.09 0% 35.45
K9122 腹腔鏡下子宮外妊娠手術 - 0.22 5.33 0% 30.78
K911 胞状奇胎除去術 - 0.33 0.5 0% 33.17
産科・生殖医学科の手術件数は診断群分類別患者数の傾向とほぼ同じで、最も多い症例は普通分娩で100例を超える症例数がありますが、この集計条件下では除外されるため1位になるのは流産手術となっています。次いで子宮外妊娠に対して行われる腹腔鏡等を用いた手術症例となっています。第3位には胞状奇胎症例に対する手術治療となっています。
婦人科・腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 191 1 1.02 0% 41.16
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両)(腹腔鏡) 102 1.07 4.5 0% 42.66
K879 子宮悪性腫瘍手術 57 3.23 14.93 0% 51.58
婦人科の手術症例で最も多い子宮頚部(膣部)切除術の手術は子宮頚部の軽度~高度の異形成に対して行われる治療です。次いで卵巣のう腫やチョコレート囊胞の摘出を腹腔鏡下で行う子宮附属器腫瘍摘出術(両)となっています。3位は子宮がん(子宮頚癌や子宮平滑筋肉腫、子宮内膜癌)に対して行われる子宮悪性腫瘍手術となっており、いずれも平均年齢は40代から50代前半の比較的若い年齢層に行われる手術です。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) - 0 5.67 0% 40.33
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - 0 17 0% 66
K639 急性汎発性腹膜炎手術 - 0 28 50% 69.5
救急科では、緊急を要して即断的に行う必要がある急性虫垂炎に対する手術が上位を占めています。そのため全ての手術症例は入院当日に行われていますが、その件数は1位、2位合わせても5件とそれほど多くはありません。3位には汎発性化膿性腹膜炎等に行われる急性汎発性腹膜炎手術でこれも虫垂炎に対する手術と同様の特徴になっていますが術後の平均日数は長くなっています。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0751 非観血的関節授動術(肩) - 9 12 0% 79
- - - - - - -
- - - - - - -
基本的に麻酔科では手術は行いませんが、非観血的関節授動術(肩)は切開を必要としない手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.03%
異なる 60 0.33%
180010 敗血症 同一 10 0.05%
異なる 51 0.28%
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.03%
異なる 17 0.09%
180040 手術・処置等の合併症 同一 83 0.45%
異なる 20 0.11%
大学病院である本院では、関連病院で治療の困難な患者様を受け入れ、高度な治療を行なっています。厚生労働省による平成26年度の全国DPC対象病院の集計データでは、「播種性血管内凝固症候群」の診療報酬請求は、0.17%、「敗血症」は0.56%となっています。当院の「播種性血管内凝固症候群」は、0.36%と全国の平均よりも高い発生率となっていますが、悪性腫瘍、血液疾患等、関連病院で治療の困難な重篤な患者様を受け入れています。

180010の「敗血症」の項目では悪性腫瘍等の重篤な疾患の患者様の入院、連携先よりの急な転院等がありますが、当院は0.33%と全国平均よりも下回っています。「その他の真菌感染症」の発生率については、関連病院で治療の困難な患者様やがんの末期など重篤な患者様を受け入れており、全国集計データよりも高い発生率となっています。

180040の手術・処置等の合併症では、眼科、整形外科の症例で移植片の合併症が散見されましたが、入院の契機と医療資源病名が一致している場合、術前日数は1日が最も多く、手術処置等の合併症が発見された時にも、適切に手術等が行われています。また傷病名が異なる場合でも2日から数日の間に手術などの適切な治療が行われています。

更新履歴