平成28年度 大阪医科大学附属 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
1.年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1245 662 456 819 1791 1966 4237 5369 2298 137
本院の立地している周辺には市民病院が無く、特定機能病院である本院は、地域における中核病院としても役割を担っており、幅広い年齢層の患者に対して医療を提供しています。50歳未満の患者さんの累計は26.2%であり、4人に3人は50歳以上の患者さんとなっています。70代の患者さんが最も多く全体の約3割を占めます。超高齢化社会を迎える我が国において70代以上の割合が増加していくと思われますが、本院の小児診療領域はこの数年間で飛躍的に成長していることから、10代以下の患者さんへの医療提供も一定割合で計上されていくと思われます。
2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 209 20.87 16.83 0% 68.82 ①パスシート_R-CHOP
②パスシート_R-CHEP
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 85歳未満 60 13.63 14.61 0% 65.9
130030xx99x50x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 54 15.13 14.53 0% 70.41 パスシート_R-B療法
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 53 36.06 41.96 3.77% 64.19
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 12.45 12.84 0% 63.26 パスシート_保存期腎不全教育入院
内科として本院で治療している診療科は血液内科、腎臓内科、糖尿病代謝内分泌内科、総合診療科となります。
最も多い症例は血液内科で非ホジキンリンパ腫の化学療法を行う治療となります。内科の5疾患では血液疾患が3疾患を占めており、4位の急性白血病はリンパ節摘出術等の手術を施行し、化学療法を行う症例となります。
糖尿病代謝内分泌内科では、2型糖尿病の教育入院、合併症検査入院の症例が多くなっています。
腎臓内科で扱う疾患は、腎不全を伴う高血圧性腎疾患や、慢性腎炎症候群、慢性尿細管間質性腎炎、慢性腎不全等があります。
精神神経科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 153.00 7.82 0% 79
020210xx01x0xx 網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術 手術・処置等2 なし - 8.00 11.66 0% 40
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 56.00 21.25 0% 25
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし A-DROP スコア1 - 16.00 13.60 100% 76
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 - 57.00 9.15 0% 76
精神神経科は診療科が本来担うべき精神疾患の治療とは別に他診療科と連携して治療にあたった症例が対象となっています。
身体合併症の患者さんにも診療科間で連携して医療提供を行っています。
その他、てんかん、認知症性疾患、性同一性障害、PTSD、児童思春期などの専門外来を設けています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 153 4.39 3.68 0.65% 70.9 パスシート_気管支鏡検査
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 146 10.86 12.35 0% 69.57
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 42 16.83 19.92 2.38% 70.14 パスシート_気管支鏡検査
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 15.78 14.83 22.22% 73.22
040170xxxxxx0x 抗酸菌関連疾患(肺結核以外) 定義副傷病 なし 27 10.96 10.61 7.41% 70.26 パスシート_気管支鏡検査
呼吸器内科の入院は年間900例中500例が悪性腫瘍関連、300例が検査目的ですが、DPC上は気管支鏡による肺がんの診断目的の入院が最も多く、3位に間質性肺炎、5位に非結核性抗酸菌症の診断目的の気管支鏡入院となります。悪性腫瘍の化学療法は外来治療が主となっていますが、シスプラチン併用化学療法は入院となることが多く、2位に悪性腫瘍の化学療法目的となります。4位は、がん性疼痛のコントロール等緩和治療目的の入院で療養型病床、ホスピス等への転院が多くなります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 147 10.49 11.06 6.8% 70.74
060040xx99x50x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 137 5.93 4.50 0% 61.09 パスシート_5FU関連療法
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 133 9.26 9.82 0.75% 66.86 ①パスシート_FP療法
②パスシート_FN療法
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 94 12.51 8.70 0% 72.06 パスシート_肝局所治療クリニカルパス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2 なし 76 9.54 9.02 0% 73.47 パスシート_内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
消化器内科の1位は、胆管結石や胆管炎に対する内視鏡的胆道ステント留置術を施行した症例が多く、その件数は昨年を大きく上回っています。2位の直腸肛門の悪性腫瘍の化学療法も、昨年の3位から今年度は2位となっており、昨年より件数が多くなっています。昨年1位であった食道の悪性腫瘍に対する化学療法も、順位は3位ですが昨年より件数が多くなっており、消化器内科全体の患者数が増えています。4位の肝・肝内胆管の悪性腫瘍では、全件肝悪性ラジオ波焼灼術施行の為の入院となっています。5位の胃の悪性腫瘍は、多くが早期の胃癌で、早期悪性腫瘍に対する粘膜下層剥離術を施行する為の入院となっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 352 4.37 3.06 0.57% 70.97 パスシート_CAG・PCI
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1、2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 260 5.99 4.71 0.38% 70.03 パスシート_CAG・PCI
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 147 6.65 5.51 0% 66.92 パスシート_アブレーション(abs)
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 106 16.16 17.95 11.32% 76.7
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 54 17.59 15.90 7.41% 70.09 パスシート_CAG・PCI
循環器内科で入院数が多いのは心筋梗塞や狭心症と呼ばれる虚血性心疾患(何らかの原因で心臓の筋肉への血液の供給が不足して起こる病態)に対して心臓のカテーテル検査を目的とした入院です。
2位も同様に虚血性心疾患に対するカテーテル治療ですが、バルーンカテーテルやステントといわれる医療材料を用いて血管拡張術等が行われた症例です。
3位は不整脈に対する心筋焼灼術といわれる治療になります。こちらはカテーテルを用いて不整脈を引き起こす心筋組織を焼灼することで原因を取り除く治療になります。
4位と5位は心不全に対しての入院で、カテーテル検査や治療等を行っています。
上位の3カテゴリーの順位は前年から変わっておらず、症例数は増えています。
リウマチ膠原病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 76 28.22 17.77 3.95% 60.75
070560xx99x6xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 6あり 43 46.72 29.92 2.33% 63.88
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 17 18.71 19.92 0% 71.12
070560xx97x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術あり 手術・処置等2 なし 12 48.67 30.29 0% 67.42
070560xx99x8xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 8あり - 37.67 19.09 11.11% 59.78
リウマチ膠原病内科では、全身性エリテマトーデスや関節リウマチに代表される膠原病の診断と治療を行っています。上位5疾患の全てが膠原病、または膠原病に伴う間質性肺炎等となっています。
当科では、膠原病に伴う臓器病変を正しく評価し、各患者さんに応じた治療を行っています。
特に力を入れている疾患は、全身性エリテマトーデス、血管炎、膠原病に伴う間質性肺炎および関節リウマチですが、その他の疾患に関しても幅広く対応しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 90 4.81 7.12 0% 7.01
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 90 6.72 6.02 0% 2.91
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 89 6.38 5.79 0% 6.06
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 52 5.35 5.50 0% 6.85
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 手術・処置等2 なし 37 8.24 9.22 0% 12.22
小児科では一般に小児「内科」領域の疾患を扱っております。症例数1位、3位は肺炎、急性気管支炎、4位もウイルス性腸炎と感染性の疾患が多く占めていますが、大学病院として専門領域の疾患も多く扱っています。1位のてんかん等神経系疾患、5位のクローン病、それ以外でも循環器疾患や、血液疾患、腎疾患等を扱っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 135 16.25 15.92 0.74% 68.01 ①パスシート_結腸手術クリニカルパスa日程
②パスシート_結腸手術クリニカルパスb日程
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 101 5.79 6.59 0% 59.11 パスシート_乳房切除術パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 88 15.66 17.65 5.68% 70.95 パスシート_胃切除術
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 87 18.17 17.98 0% 64.98 ①パスシート_結腸手術クリニカルパスa日程
②パスシート_直腸切除クリニカルパス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2 なし 66 10.09 10.30 0% 59.89 パスシート_乳房切除術パス
外科として本院で治療している診療科は一般・消化器・小児外科と乳腺・内分泌外科になります。
症例数の上位5位全てが悪性腫瘍の症例です。症例数1位は結腸の悪性腫瘍、4位は直腸肛門の悪性腫瘍で共に一般的には大腸がんと総称されるがんに対する手術症例になります。本院ではほぼ全て(9割以上)が腹腔鏡下手術による低侵襲手術となっており、肛門機能温存手術を取り入れたテーラーメイド治療を行っています。2位と5位に乳房の悪性腫瘍の症例がありますが、2位の症例は昨年と比較すると30例患者数が増えています。5位の症例の中には人工乳房を用いた一次乳房再建の症例も含まれます。胃の悪性腫瘍は昨年4位でしたが、件数が増えており3位となっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 63 26.71 26.26 53.97% 74.37 パスシート_TKA
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 60 28.28 24.42 45% 64.6 パスシート_THA
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 後方又は後側方固定等 手術・処置等1 なし 48 27.33 22.69 20.83% 66.23 パスシート_頚椎症性脊髄症
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 37 18.41 14.38 32.43% 45.22 パスシート_足の手術
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 32 12.84 11.91 3.13% 26.59 パスシート_ACL
整形外科では症例数1位と2位が膝関節と股関節に対する人工関節置換術の手術症例となっています。3位の脊柱管狭窄症関連も昨年より数を伸ばしています。ハイブリッド手術室の完備により、昨年より大きく件数を伸ばしています。上記3症例は患者さんの平均年齢が高いことを考えると、今後の高齢化において症例数は増えていくものと思われます。
4位の滑膜炎や変形性足関節症に対する関節滑膜切除術や関節固定術の手術症例は、足関節の疾患が多く手術が行なわれています。
5位にスポーツでの障害等を含む肘や膝の外傷に対する手術症例があり、平均年齢が若く転院率も低いことから、本院で経過を診ていることが判ります。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 56 9.11 10.00 0% 64.5 パスシート_下肢リンパ浮腫
080180xx99xxxx 母斑、母斑症 手術なし 36 2.72 3.26 0% 3.28
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし 27 2.30 3.44 0% 69.41
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 26 5.27 5.80 0% 24.35
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 25 5.24 4.28 0% 41.04
形成外科は顔面骨と全身の軟部組織を対象とする、非常に広範囲な治療領域を持つ診療科です。最も症例数が多いのは、リンパ浮腫に対するリンパ管吻合術の治療になります。次に単純性血管腫、異所性蒙古斑、母斑に対するレーザー治療が多く、3位以下は症例数にそれほど大差なく、眼瞼下垂、顔面損傷そして皮膚にできた良性腫瘍を切除する治療等になっています。
脳神経外科血管治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 59 8.14 10.24 0% 66.03 パスシート_脳動脈瘤コイル塞栓術
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 51 23.10 22.47 11.76% 53.67 ①パスシート_脳腫瘍
②パスシート_DSA
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 51 2.25 3.20 0% 66.27
010200xx99x00x 水頭症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 47 9.13 7.70 2.13% 74.32 パスシート_正常圧水頭症タップテスト
010200xx01x00x 水頭症 水頭症手術 脳室穿破術(神経内視鏡手術によるもの)等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 19.40 20.91 9.52% 71.76
脳神経外科では脳・脊髄疾患全般に対して、診断や外科的治療を行っております。
症例数の1位に脳動脈瘤に対するコイル塞栓術やステント留置術、3位に同じく脳動脈瘤に対する動脈造影カテーテル検査を行った症例となっています。
2位には脳腫瘍に対する摘出手術を行う症例です。蛍光色素を用いて腫瘍の可視化を行い、最新の顕微鏡や各種機器により摘出術を行っています。
4位と5位には水頭症の症例で、本院では水頭症の原因によっては、神経内視鏡を用いた治療も行っており、その場合はシャントなどの異物を体内に残しません。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 178 11.58 12.73 0.56% 67.81 パスシート_肺腫瘍手術
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 38 17.26 21.29 2.63% 71.42 パスシート_肺腫瘍手術
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 11.00 10.09 8.7% 39.91 パスシート_肺腫瘍手術
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - 9.44 10.28 0% 59.44
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 9.38 14.83 0% 70.38
呼吸器外科では1位、2位、5位が肺癌に対する治療となっており、行っている手術も肺悪性腫瘍手術が大部分を占めています。術後に中心静脈注射を行った症例のほうが、平均在院日数は長くなっていますが、全国平均より短縮されています。1位と2位の症例で呼吸器外科全体の7割近くを占めます。地域がん拠点病院としての役割から地域と連携し、肺癌治療に取り組んでおり症例数は去年と比べても増加しています。3位は気胸に対する肺部分切除の手術を行う症例23件で、昨年より件数が増えています。4位は気管支および肺の良性腫瘍で、手術を行なっています。5位は肺癌の治療方針決定等の為の入院となっています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 34 19.85 16.98 2.94% 79.85
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2 1あり 32 28.69 21.94 3.13% 72.13
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 定義副傷病 なし 31 34.48 24.70 3.23% 68.42
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 19 30.68 23.36 0% 69.21
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1、3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 18 6.06 11.38 0% 74.06
心臓血管外科・小児心臓血管外科では、大動脈瘤・動脈瘤専門外来を常設しており、重症例の積極的治療を行なっていることから、胸部や腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術ステントグラフト内挿術の症例数が昨年と同様に1位となっています。2位の非破裂性大動脈瘤の大動脈瘤切除術は、昨年より大きく件数が増え、より重篤な緊急性を要する治療を行なっています。心臓弁膜症に対する弁置換術や冠動脈,大動脈バイパス移植術の手術例の件数は、本年は3位となっています。4位の狭心症、慢性虚血性心疾患に対して、若年者の3枝病変に対しても、積極的に手術を行なっています。5位の徐脈性不整脈の疾患に対して、ペースメーカの植え込みや交換の治療を行なっています。クリニカルパスで運用し在院日数は全国平均と比較すると短くなっています。小児心臓血管外科では、小児科と連携し先天性心疾患に対して手術による早期の治療を行なっています。全体に重症例への積極的治療を行っていることから、在院日数も他科に比べて長くなる傾向にあります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 153 9.59 9.15 0% 67.76 パスシート_緑内障
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 142 10.08 10.53 0% 53.37 パスシート_網膜硝子体手術用
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 126 7.63 7.72 0% 69.07 パスシート_網膜硝子体手術用
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし 片眼 72 8.53 8.27 0% 57.17 パスシート_網膜硝子体手術用
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 69 3.01 3.36 0% 26.96 パスシート_斜視手術
眼科で最も多い症例は白内障に対する手術症例ですが、集計条件からは除外されているため上位5位には入っていません。
集計対象の1位は緑内障に対する症例です。当科では難治性緑内障に対してチューブシャント手術を積極的に行っています。
2位は網膜剥離に対する網膜復位術や硝子体茎顕微鏡下離断術と呼ばれる手術症例となっています。
3位に黄斑円孔・黄斑上膜に対する手術症例、4位に糖尿病性網膜症に対する手術症例、5位に斜視に対する手術症例と続きます。
いずれも本院で完結する治療が多く、転院率は高くありません。
耳鼻咽喉科頭頸部外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 100 10.53 7.75 0% 51.44 ①パスシート_鼻・副鼻腔手術
②パスシート_唾液腺手術
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 83 11.18 9.36 0% 50.87 パスシート_中耳手術
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 73 17.32 14.06 1.37% 63.11 パスシート_頚部小手術
030428xxxxxxxx 突発性難聴 43 6.86 9.37 0% 60.12 パスシート_急性感音難聴、突発性難聴
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 37 9.54 7.47 0% 52.57
耳鼻咽喉科頭頸部外科では耳、鼻、のどの疾患の診断と治療、顔面神経麻痺、めまい等を耳鼻咽喉科が担当し、頭頸部外科分野では、癌をはじめとする耳鼻咽喉領域の腫瘍(口腔を含む)や甲状腺腫瘍、唾液腺(耳下腺・顎下腺)腫瘍の治療を専門としています。今年度の1位は耳下腺良性腫瘍に対する腫瘍摘出術の症例であり、耳下腺癌や下顎歯肉癌 、声門癌や頸部リンパ節転移といった頭頸部悪性腫瘍に対する手術症例が3位となっております。2位は主に中耳炎や中耳真珠腫を対象とした鼓室形成手術の手術症例となっています。4位の突発性難聴では、合併症があり入院のうえ緊急に治療が必要であると判断された開業医からの紹介や精査依頼での入院です。5位の慢性副鼻腔炎では、好酸球性副鼻腔炎や、合併症のある症例に対して手術等の治療を行なっています。全般的にこれらの5つの症例は40歳~60歳の患者さんが多く、平均年齢も他科と比較して低くなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 53 19.21 18.04 11.32% 60.53
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 15.04 16.54 14.29% 69.71
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 14.91 13.92 18.18% 52.91
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2 あり 定義副傷病 なし 20 18.85 17.57 15% 67.35
010155xxxxx2xx 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 2あり 20 22.55 17.80 5% 65.35
神経内科では神経系(大脳・小脳・脊髄・末梢神経)や筋肉等に炎症、変性、腫瘍、血管障害、代謝・ホルモン等の異常により生じる「からだ」の病気の診察を行っています。
最も多い症例は慢性炎症性脱髄性多発神経炎やGuillain-Barre症候群に対するガンマグロブリン療法の症例です。
2位は脳梗塞に対する内科的治療(画像診断)で発症から3日以内に入院した症例となります。
3位の症例は多発性硬化症に対する症例、4位は神経系の変性疾患等に対する症例となります。
また、同じく4位の運動ニューロン疾患の症例は筋萎縮性側索硬化症に対する内科的治療を行ったもので、これは1位の症例と共に難病疾患となっています。
難病疾患症例が多い理由として、当科が大阪神経難病医療ネットワーク幹事施設として地域における難病治療の役割を担っていることからと考えられます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 59 7.22 8.96 0% 69.53
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 33 2.06 4.28 0% 53.27
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 29 5.48 8.78 0% 72.93
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 19 10.11 11.97 5.26% 65.05
080100xxxx0xxx 薬疹、中毒疹 手術・処置等1 なし 13 15.08 11.28 0% 60.31
皮膚科では、帯状疱疹が1位で、顔面、陰部に発生したもの、広範囲に及んでいるもの、汎発性帯状疱疹等、早期に入院加療が必要な患者が主体です。2位の皮膚の良性新生物、3位の皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)の件数が、昨年より大幅に増加し、両者の合計は帯状疱疹を上回っています。4位の急性膿皮症は、重篤な蜂窩織炎・丹毒、壊死性筋膜炎等、早急に抗生剤の点滴加療や外科的治療が必要とされる疾患が含まれます。5位の薬疹、中毒疹では、入院加療が必要な重症例を扱っています。開業医や基幹病院での治療が困難で、当科に紹介された症例が大部分を占めています。
腎泌尿器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 434 5.69 7.44 0.46% 68.15 パスシート_TUR-BT
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 284 33.05 11.72 0.35% 66.48 ①パスシート_BOAI+HD
②パスシート_BOAI
③パスシート_新GC療法
④パスシート_新GC療法+RT療法
110070xx97x2xx 膀胱腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2 2あり 78 42.18 30.69 2.56% 68.81 ①パスシート_新GC療法
②パスシート_新GC療法+RT療法
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 42 10.48 13.39 0% 68.67 パスシート_前立腺全摘除術
110060xx01x0xx 腎盂・尿管の悪性腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 40 7.85 14.07 2.5% 70.83 ①パスシート_尿管鏡検査
②パスシート_腹腔鏡下腎尿管摘除術
腎泌尿器外科で最も多い症例は膀胱腫瘍に対する経尿道的に行う膀胱悪性腫瘍手術です。この症例数は434件あり、最も多い症例となっています。2位となる膀胱腫瘍に対する化学療法の治療も284件と、全体の4番目に多い症例となっています。3位は手術と化学療法を併用した治療であり、在院日数が長期となっております。4位の前立腺悪性腫瘍手術では、ロボット支援手術を施行し先進的高度な医療を行なっています。5位は腎盂・尿管の悪性腫瘍に対して手術を行なった症例です。当科は全国または海外からの診療の問い合わせもあり、セカンドオピニオン外来等を経て、診療を受けられる患者さんも多くおられます。
産科・生殖医学科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 15 1.27 2.43 0% 33.67 ①パスシート_AUS
②パスシート_プレグラAUS
120130xx97xxxx 異所性妊娠(子宮外妊娠) 手術あり 15 8.20 6.20 0% 29.93
120130xx99xxxx 異所性妊娠(子宮外妊娠) 手術なし - 9.50 5.73 0% 31.33
120050xx01x0xx 絨毛性疾患 胞状奇胎除去術等 手術・処置等2 なし - 3.33 2.50 0% 32.33
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - 4.00 5.50 0% 25
産科で本来最も多い症例は普通分娩で100例を超える症例数がありますが、集計条件下では除外されるため1位になるのは流産と、異所性妊娠に対しての手術の症例となります。大学病院の産科・生殖医学科では、合併症の治療を行ないながら妊娠継続を促すこともあります。また胎児に異常が発見された時は、母体と胎児を早期から同時に管理しています。
婦人科・腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 304 4.68 5.12 0% 55.49 ①パスシート_TC(AUC5)1コース目
②2パスシート_TC(AUC5)2コース目以降
③パスシート_CDDP+CPT-11(day1)療法
④パスシート_BOAI(婦人科)
12002xxx99x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 187 3.14 9.34 1.6% 53.86 パスシート_子宮鏡
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 184 3.62 4.92 0% 55.26 ①2パスシート_TC(AUC5)2コース目以降
②パスシート_dose dense TC day1[初回]
③パスシート_dose denseTC day1[2コース目以降]
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 164 2.16 4.84 0% 54.46 パスシート_dose denseTC day8・15
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 95 15.37 13.29 0% 52.74 ①パスシート_子宮頸癌
②パスシート_子宮体癌手術
婦人科・腫瘍科は、ご婦人の不正出血や子宮・卵巣に関する良性・悪性疾患を中心に診断治療を行う科です。婦人科全症例の7割以上が子宮頸・体部や卵巣・附属器等の悪性腫瘍で、初期の症例については子宮や卵巣等の温存を心がけ、腹腔鏡下手術をはじめとする低侵襲な術式による手術をめざしています。子宮頸部・体癌の化学療法の治療は、304例と昨年同様1番多くなっており、これは病院全体で3番目に多い症例となっています。2番目に子宮頸癌・子宮体癌に対する子宮鏡検査目的の入院症例となっています。3番目、4番目の卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍は、どちらも化学療法を行なっており、比較的短い入院期間で治療を行なっています。5番目の子宮頸・体部の悪性腫瘍の症例は、手術と化学療法を入院中に行なう治療であり、在院日数が少し長くなっています。
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130100xxxxx4xx 播種性血管内凝固症候群 手術・処置等2 4あり - 32.14 29.86 28.57% 76.14
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 19.33 21.25 33.33% 80.67
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 なし - 11.83 19.24 0% 75.83
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - 3.00 7.12 16.67% 47.33
100393xx99xxxx その他の体液・電解質・酸塩基平衡障害 手術なし - 7.25 10.17 0% 86
救急科として本院では救急医療部で入院治療も行っております。救急医療部では、様々な病態が重なった救急患者さんに対して、円滑に対応できることを行動目標の一つにしています。集計条件では最終的に退院した診療科で症例数が計上されますので、入院した時点で救急医療部であっても経過によっては専門診療科に転科する症例も多くあります。
今年度最も多いのは、播種性血管内凝固症候群で手術も当科で施行した症例であり、2位は誤嚥性肺炎、3位、敗血症、4位、てんかんが続き、5位として高齢者の低ナトリウム血症、電解質の症例等となります。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2 なし 13 9.85 13.33 0% 75.38
070430xx99xxxx 神経異栄養症、骨成長障害、骨障害(その他) 手術なし - 12.60 12.32 0% 61.4
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし - 13.33 6.92 0% 62.33
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし - 14.00 9.13 0% 32.33
010310xx99x0xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2 なし - 10.00 11.62 0% 53.5
麻酔科・ペインクリニックでは、様々な疼痛疾患に対し、神経ブロックや薬物療法を中心とした治療を行っています。
最も多い症例になっている遺伝性ニューロパチーは帯状疱疹後の神経痛のことで、痛みを和らげる治療を入院治療で行っています。
2番目に多い症例として、複合性局所疼痛症候群に対する痛み、3番目に脊柱管狭窄症による痛み、4番目に椎間板変性症や椎間板ヘルニアに対する痛み、5番目に三叉神経痛による痛みが挙げられます。いずれも神経ブロックを中心に治療を行ない、痛みのない生活に戻って頂いています。
3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 140 24 81 52 14 21 1 7
大腸癌 172 122 223 119 46 80 2 7
乳癌 107 111 11 - - 12 1 7
肺癌 120 43 70 143 147 132 1 7
肝癌 32 35 19 - 34 149 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

本院は大学病院であると共に国指定の地域がん診療連携拠点病院であります。
がん治療に関しましても先端医療開発部門が開設され、さらに高度な先進的医療を提供いたしております。
また本院がんセンターでは多職種のスタッフが集まり診断から治療、看護、患者相談などがんとの横断的な取り組みを行なっています。  

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数の表  

上記は胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の5部位について病期(Stage)別の患者数を示しています。

病期(Stage)とはUICC(国際対がん連合)によって定められた分類で①原発腫瘍の広がり(T)②所属リンパ節転移の有無と広がり(N)③遠隔転移の有無(M)の3つの要素で評価し、StageⅠ期からⅣ期に分類して表しています。  

胃癌ではⅠ期、大腸癌ではⅠ期Ⅱ期の患者さんの割合が非常に高くなっていますが、これは内視鏡的治療や腹腔鏡下治療が多く行なわれ少しでも患者さんの体への負担を減らせるように、一人ひとりの病態に応じた治療を心がけ、患者さまの要望を聞いたうえで、それぞれの治療法について十分に話し合いながら最善の方法に努めています。またⅢ期Ⅳ期の割合も高くこれらは術前、術後の化学療法の患者さんが多くおられることになります。

肺癌ではⅠ期の患者さんには胸腔鏡下治療が行なわれ、Ⅲ期やⅣ期の患者さんの割合が非常に高くなっておりますがこれは化学療法をされる患者さんが多くおられることになります。また肺癌では再発の患者さんの割合も高くなっています。
肝臓癌は再発の患者さんが非常に多く、手術やその他の治療(肝動脈塞栓及び動注化学療法、ラジオ波焼灼療法など)のための入院が多いことがわかります。  

なおUICC病期分類で不明に分類されている症例は検査入院のため結果が未だの場合や、 また遠隔転移の有無の評価が未だの場合は退院後に総合評価される場合などです。

〈患者数について〉
「-」:患者数について10未満の数値の場合は、-(ハイフン)を記入。

〈用語について〉
癌取扱い規約:日本で編集されている規約で、癌の状態や治療結果を記録する際の約束事を関連学会がまとめた本。

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 12 15.25 65.67
中等症 59 15.39 76.73
重症 10 24.6 80.6
超重症 - 19 74.83
不明 - 0 0
患者数が多いのは重症度中等症の症例になっています。重症度(超重症を除く)が上がるごとに入院期間が長くなっており、年齢が上がるごとに重症化していることもわかります。 基礎疾患があったり、癌の既往があることで重症化を危惧され入院となるケースがあります。
5.脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 140 25.17 72.79 42.86%
その他 28 19.5 73.46 32.14%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 76 6.01 73.63 2.63%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
この表は脳梗塞の病型別に患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率になります。
本院では脳卒中センターを開設し、24時間365日体制で脳卒中患者さん(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)を受け入れています。治療は脳神経外科医と脳血管内治療医、そして神経内科医が担当しています。
一般的にいわれる脳梗塞の症例が多く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が140件で対象症例の約半数になります。
平均入院期間は25日ほどで、脳梗塞には至らない症例等と比較しても平均在院日数は長くなっています。また、転院率も高くなっており、4割ほどの患者さんが回復期リハビリを行うため、リハビリを専門とする病院に転院されています。
6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 13 12.92 13.00 7.69% 73.77
K654 内視鏡的消化管止血術 - 7.17 26.50 16.67% 73.17
K6262 リンパ節摘出術(長径3㎝以上) - 2.75 15.75 0% 62.75
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植) - 20.00 4.00 0% 47
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) - 2.00 59.00 0% 71.67
1:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期がんやポリープ等に対して粘膜層下から病巣を切除する治療です。
2:内視鏡的消化管止血術
胃や大腸の病変を切除した後に出血が認められた場合に内視鏡下で止血する治療です。
3:リンパ節摘出術(長径3㎝以上)
悪性腫瘍の組織学的診断や、リンパ節転移に対する治療です。
4:造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植)
急性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等に対する治療です。
5:リンパ節摘出術(長径3㎝未満)
悪性腫瘍の組織学的診断や、リンパ節転移に対する治療です。
精神神経科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0022 デブリードマン(100c㎡以上3000c㎡未満) - 45.50 102.00 50% 71
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - 1.00 7.00 0% 29
K2684 緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし) - 1.00 55.00 0% 76
K654 内視鏡的消化管止血術 - 4.00 123.00 0% 40
K877 子宮全摘術 - 3.00 14.00 0% 60
1:デブリードマン(100c㎡以上3000c㎡未満)
外傷などで生じた挫滅創は、縫合する前に創縁部の壊死組織や汚れた組織を取り除いておく必要があり、この切除操作をデブリードマンと呼ばれます。
2:増殖性硝子体網膜症手術
網膜と硝子体の接触面に増殖膜が形成される疾患を増殖性硝子体網膜症と総称し、硝子体手術により視力改善と病変の増悪停止を行います。
3:緑内障手術(緑内障治療用インプラント挿入術)(プレートなし)
緑内障手術は、眼圧を下げることで視神経に対する負担を軽くし、視野や視力をなるべく長い間維持させることを目的とします。緑内障インプラントという医療機器を眼内に挿入することで進行を抑える手術です。
4:内視鏡的消化管止血術
胃や大腸の病変を切除した後に出血が認められた場合に内視鏡下で止血する治療です。
5:子宮全摘術
子宮全摘術には腹部を切開して行う腹式子宮全摘術と膣の方から行う膣式子宮全摘術があります。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 - 11.25 78.5 50% 78
K6112 抗悪性腫瘍静脈持続注入用埋込型カテーテル設置(四肢) - 31 8.75 25% 77.25
K488-4 胸腔鏡下試験切除術 - 15.33 7.67 0% 67.67
K654 内視鏡的消化管止血術 - 15.5 50 50% 75
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) - 41 15.5 50% 78
1:気管切開術
呼吸状態の悪化や気管内挿管を繰り返す可能性が非常に高い症例時に施行します。
2:抗悪性腫瘍静脈持続注入用埋込型カテーテル設置(四肢)
抗癌剤を効率的に投与し、さらに全身への影響を少なくして副作用を軽減することを目的とした治療です。
3:胸腔鏡下試験切除術
各種の診断法によっても診断がつかない症例に対し、腹腔鏡を用いて直接見ることで診断する治療です。
4:内視鏡的消化管止血術、
胃や大腸の病変を切除した後に出血が認められた場合に内視鏡下で止血する治療です。
5:胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。)
経口摂取が難しい症例や誤嚥性肺炎の危険がある症例に対し、腹壁から直接到達する経路を造設する治療です。
呼吸器内科では基本的に手術は少ないのですが、呼吸不全で気管内挿管し早期に回復しない場合は気管切開術を行います。また悪性腫瘍の化学療法をスムーズに行うために抗悪性腫瘍静脈持続注入用埋込型カテーテル設置(四肢)も放射線科にお願いしています。誤嚥性肺炎で経口摂取が困難な場合、御家族、御本人の強い希望があれば胃瘻造設術も消化器内科にして貰っています。
胸腔鏡下試験切除術は状態により当科共観の上、呼吸器外科の先生にお願いしています。当科の患者様が消化管出血を起こした場合は、消化器内科の先生にお願いして止血術を行って貰っています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 128 1.73 11.29 10.94% 70.96
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 123 1.68 3.71 1.63% 68.76
K697-32ロ 肝悪性ラジオ波焼灼2cm超・他 94 1.13 10.50 0% 72.32
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 84 1.10 8.42 0% 67.63
K6532 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 79 0.99 7.63 0% 73.72
1:内視鏡的胆道ステント留置術
胆道が狭窄している症例で、ステントといわれる医療材料を用いて胆汁が腸管に流れるのを助ける治療です。
2:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期癌やポリープ等に対して病巣を切除する治療です。
3:肝悪性ラジオ波焼灼2cm超・他
腫瘍の中に電極針を挿入し、ラジオ波電流を流す事で癌細胞を死滅させることを目的とした治療です。
4:早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
大腸の早期癌の中で条件にあう症例に対して、内視鏡を用いて粘膜下層まで病巣を切除する治療です。
5:早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術
胃や十二指腸の早期癌の中で条件にあう症例に対して、内視鏡を用いて粘膜下層まで病巣を切除する治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 206 2.60 3.40 0.49% 70.82
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺/心外膜アプローチ) 120 3.16 2.83 0% 67.09
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 51 2.25 3.82 0% 68.98
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 40 2.90 4.08 0% 70.18
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 29 5.59 9.17 3.45% 76.28
1:経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの)
虚血性心疾患(何らかの原因で心臓の筋肉への血液の供給が不足して起こる病態)等の疾患に対し、ステントといわれる医療材料を用いて狭窄部の血管の広さを維持する治療です。
2:経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺/心外膜アプローチ)
カテーテルを用いて不整脈等を引き起こす不整脈を引き起こす心筋組織を焼灼することで原因を取り除く治療になります。
3:経皮的冠動脈形成術(その他のもの)
虚血性心疾患等に対し、バルーンカテーテルを用いて狭窄部で広げることで、狭窄部の血管の広さを拡張する治療です。
4:四肢の血管拡張術・血栓除去術
閉塞性動脈硬化症による四肢の血管狭窄、閉塞部に対して、バルーンカテーテルやステントを用いて狭窄部で広げることで、狭窄部の血管の広さを拡張する治療です。
5:ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)
心臓の脈拍をコントロールするペースメーカー細胞や、電気信号を伝える電線に異常がある場合、体の外からリードと呼ばれる電線を留置し、皮下に植え込むペースメーカーによって、脈拍を補う治療です。
リウマチ膠原病内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 12 16.58 32.42 0% 59
K721-21 大腸ポリープ切除術(直径2cm未満) - 5.00 157.50 0% 53
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - 60.00 30.00 0% 64
K200-2 涙点プラグ挿入術(片側) - 1.00 7.00 0% 60
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) - 13.00 19.00 0% 68
1:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期がんやポリープ等に対して粘膜下層から病巣を切除する治療です。
2:大腸ポリープ切除術(直径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期がんやポリープ等に対して粘膜下層から病巣を切除する治療です。
3:中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢)
血管内に薬剤等を注入するための医療器具であるポートを皮膚の下に埋め込む手技になります。
4:涙点プラグ挿入術(片側)
ドライアイ等に対する手術で、涙の排出口である涙点を涙点プラグでふさぎ、乾燥を抑制する治療です。
5:胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。)
経口摂取が難しい症例や誤嚥性肺炎の危険がある症例に対し、腹壁から直接到達する経路を造設する治療です。
リウマチ膠原病内科では基本的に手術を行いません。他科で手術を行った後、転科した症例であり、術前日数は長く、術後の日数も非常に長くなっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 42 0.00 22.88 2.38% 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - 0.00 77.50 0% 0
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) - 2.67 5.00 0% 5.5
K563 肺動脈絞扼術 - 6.17 98.17 16.67% 0
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの - 3.00 2.25 0% 13
1:新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
軽度新生児仮死の救命についてはNICU、GCUを完備し、チームで救命に取り組んでいます。
2:新生児仮死蘇生術(仮死第2度)
重度新生児仮死の救命についてはNICU、GCUを完備し、チームで救命に取り組んでいます。
3:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)
小児の消化器疾患に対して内視鏡的治療を行ないます。
4:肺動脈絞扼術
心室中隔欠損症等、先天性心疾患に対して、小児循環器外科医と小児科チームで治療を行ないます。
5:経皮的カテーテル心筋焼灼術 その他のもの
小児のWPW症候群、心房細動、心房頻拍、心房粗動等に対して治療を行ないます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 156 2.95 15.17 1.28% 67.73
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 124 2.52 20.46 0.81% 61.92
K4762 乳腺悪性腫瘍手術/乳房部分切除術/腋窩部郭清伴わない 103 2.04 2.75 0% 58.89
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 102 1.55 3.52 0% 61.17
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 74 2.74 14.38 8.11% 71.36
1:腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術
結腸に出来た悪性腫瘍に対して、腹腔鏡を用いて切除する治療です。
2:腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術)
直腸に出来た悪性腫瘍に対して、腹腔鏡を用いて切除する治療です。
3:乳腺悪性腫瘍手術/乳房部分切除術/腋窩部郭清伴わない
乳房に出来た悪性腫瘍に対して、病変が小さく、乳房の温存が可能であり、腋窩リンパ節への転移が無いもしくはごく軽度なものを対象とする手術です。
4:腹腔鏡下胆嚢摘出術
胆嚢結石症や胆嚢炎等の症例に対して、腹腔鏡を用いて胆嚢を摘出する術式です。
5:腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)
胃の悪性腫瘍に対して、腹腔鏡を用いて病変部を切除する治療です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(膝) 129 2.47 23.88 48.84% 70.28
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 43 3.16 23.44 23.26% 65.49
K1422 脊椎固定術(後方又は後側方固定) 31 4.58 29.77 45.16% 62.94
K0782 観血的関節固定術(足) 30 2.00 27.77 70% 64.1
K066-22 関節鏡下関節滑膜切除術(足) 24 1.21 6.00 4.17% 31.29
1:人工関節置換術(膝)
変形性膝関節症や関節リウマチ等の疾患により変形した膝関節の表面を取り除き、人工関節に置き換える手術です。
2:脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成)
椎弓を部分切除または開大させて、脊柱管を広げる術式で脊髄の除圧を図る手術です。
3:脊椎固定術(後方又は後側方固定)
外傷、炎症、変形等により不安定性や神経障害がある場合に椎体間を固定することで、脊椎を安定化させる手術です。
4:観血的関節固定術(足)
関節の破壊や変形が著しい場合や関節を動かす筋肉が麻痺して機能が失われている場合に、関節軟骨を取り除いて骨の表面を露出させ、骨の両端を接触させてスクリューやプレートで固定する手術です。
5:関節鏡下関節滑膜切除術(足)
滑膜は、関節包の内面を覆う膜であり、病的滑膜を関節包から取り除くことで関節の障害を改善する手術です。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 56 1.05 7.05 0% 64.5
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 31 0.74 7.10 0% 74.65
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法) 25 0.20 1.68 0% 68.32
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満) 14 0.93 4.14 0% 24.14
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 13 1.00 6.69 0% 45.85
1:リンパ管吻合術
何らかの原因に引き続き生じる続発性リンパ浮腫に対する外科的治療を行っています。
2:皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)
病巣を取りきるためには大きく切除する必要がありますが、腫瘍の辺縁よりどの位大きく切除するかは、皮膚悪性腫瘍の種類によって異なります。
3:眼瞼下垂症手術(眼瞼拳筋前転法)
眼瞼下垂症とは、瞼(まぶた)が下垂して見えにくい状態です。挙筋前転法は、伸びて薄くなった挙筋腱膜を瞼板に再固定する手術法です。
4:皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2㎝未満)
皮膚や皮膚の下にできるしこり(腫瘍)を摘出する手術です。露出部とは、顔面、頭頚部、上肢においては肘関節以下及び下肢においては膝関節以下(足底部を除く)をいいます。
5:ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
乳房再建とは、失われた乳房をつくる手術であり、ご自身の組織を用いて再建する方法と人工乳房(インプラント)を用いて再建する方法があります。
脳神経外科血管治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 83 7.45 27.18 16.87% 57.72
K1742 水頭症手術(シャント手術) 43 3.98 13.74 9.3% 71.65
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 41 2.68 7.54 9.76% 73.17
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 34 0.26 10.18 8.82% 78
K1781 脳血管内手術(1箇所) 33 1.97 6.36 0% 64.76
1:頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
手術室内にCTを備えたハイブリッド手術室で、腫瘍の可視化が可能な蛍光顕微鏡や手術支援(ナビゲーション)装置を用いて行っています。
2:水頭症手術(シャント手術)
認知症をきたす正常圧水頭症の治療は、本院が日本をリードしてきた長年の研究成果を基にシャント術の適応を決定しています。
3:経皮的頸動脈ステント留置術
血管内治療である経皮的頸動脈ステント留置術を行うことにより、頸動脈を広げ血流を改善する治療です。
4:慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
慢性硬膜下血腫とは、脳と頭蓋骨の間に血液が貯留する病気で、一般的には軽い外傷等の後、数週間から数ヵ月の期間に起こります。治療は小さい穴を頭蓋骨に開け、そこから血腫を洗い流し除去します。
5:脳血管内手術(1箇所)
脳動脈瘤や脳動静脈奇形等の血管の異常に対して、血管内手術用カテーテルを用いて行う手術です。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡・肺悪性腫瘍術(肺葉切・1肺葉超え) 74 2.24 8.73 1.35% 67.99
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 70 2.26 7.01 0% 66.94
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 55 2.44 12.35 0% 70.78
K5131 胸腔鏡下肺切(肺嚢胞(楔状部分切除による)) 21 3.33 5.43 4.76% 38
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 18 1.94 6.22 5.56% 60.5
1:胸腔鏡・肺悪性腫瘍術(肺葉切・1肺葉超え)
2:胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
3:肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)
4:胸腔鏡下肺切(肺嚢胞(楔状部分切除による))
5:胸腔鏡下肺切除術(その他のもの)
肺癌の外科療法は、早期の場合に行われ、手術方法として肺の患部を部分切除する場合、肺葉切除する場合、片側の肺をすべて切除する場合があり、リンパ節に癌があるかどうか確認するためにリンパ節切除(リンパ節郭清術)も行います。手術による侵襲を軽減するため積極的に胸腔鏡手術、できる限り完全鏡視下にて手術を行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈,大動脈バイパス移植術2吻合以上のもの 35 7.31 30.60 2.86% 69.71
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈・その他のもの) 26 4.77 22.73 3.85% 72.65
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 25 3.56 14.52 4% 81.24
K5551 弁置換術(1弁のもの) 22 6.86 33.00 9.09% 74.23
K5542 弁形成術(2弁のもの) 14 7.07 29.07 7.14% 71.21
1:冠動脈,大動脈バイパス移植術2吻合以上のもの
細くなった冠動脈部分を飛び越えて、血流供給が不足している冠動脈に新しく血液の通り道(バイパス)を作る方法で、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞など)に対して行われる手術です。
2:大動脈瘤切除術(腹部大動脈・その他のもの)
大動脈瘤や狭窄した部分を取り除き、人工血管に換える手術です。
3:ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)
血管内に折りたたんだステント(金属)付きの人工血管を挿入し、大動脈瘤の存在する部分で内側から拡げることで、瘤への血流を途絶させ破裂を防ぐ治療です。
4:弁置換術(1弁のもの)
自分の弁を取り除いて新たに人工弁を植え込む手術です。
5:弁形成術(2弁のもの)
弁の一部が問題の場合、弁の健常部分を温存し問題部分を修復する手術です。主に僧帽弁、三尖弁に対して行われます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建(眼内レンズ挿入・その他のもの) 876 0.94 2.05 0% 73.66
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 361 1.28 6.59 0% 63.95
K2683 緑内障手術(濾過手術) 58 1.31 9.10 1.72% 67.31
K2423 斜視手術(前転法及び後転法の併施) 54 1.00 1.00 0% 27.76
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 46 1.11 5.39 0% 67.78
1:水晶体再建(眼内レンズ挿入・その他のもの)
加齢性白内障に対する超音波水晶体乳化吸引術+眼内レンズ手術のみでなく、難治性白内障手術、小児白内障手術なども行っています。
2:硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)
網膜剥離や糖尿病や高血圧による硝子体出血、黄斑部疾患などに行われ、硝子体内に細い手術器具を入れて、硝子体を除去する手術です。
3:緑内障手術(濾過手術)
眼血流測定のための新しい機器(レーザースペックル眼循環解析機)を全国に先駆けて導入し、緑内障の病態や進展と視神経乳頭血流の関係について解析を進め、治療法の開発に応用しています。
4:斜視手術(前転法及び後転法の併施)
小児の斜視手術だけでなく、大人の難治性斜視手術に対しても積極的に治療を行っています。
5:硝子体茎顕微鏡下離断術(その他)
網膜剥離や糖尿病や高血圧による硝子体出血、黄斑部疾患などに行われ、硝子体内に細い手術器具を入れて、硝子体を除去する手術です。
耳鼻咽喉科頭頸部外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 88 1.95 8.18 0% 49.49
K4571 耳下腺腫瘍摘出術(浅葉) 57 2.00 8.21 0% 50.84
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 46 1.96 8.93 0% 25.07
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの) 32 1.84 12.75 3.13% 66.09
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 31 2.45 6.26 0% 58.26
1:鼓室形成手術
伝音難聴や混合性難聴のなかで、鼓膜や耳小骨を含む中耳に問題がある場合に鼓室形成術の対象となり、病巣を除去するとともに鼓膜・耳小骨連鎖を再建することで、聴力の改善を目的としています。
2:耳下腺腫瘍摘出術(浅葉)
耳下腺浅葉摘出術は、腫瘍を耳下腺浅葉と共に摘出する方法です。耳下腺とは唾液を作る臓器の一つで、左右の耳の前方にあります。耳下腺内には顔面神経が走行しており、顔面神経より浅い部分を浅葉、深い部分を深葉と呼んでいます。
3:口蓋扁桃手術 摘出
適応となる疾患は、頻回に扁桃炎を反復する場合、慢性扁桃炎に起因するIgA腎症、病巣感染症、高度の扁桃肥大による睡眠時無呼吸症候群の場合などです。
4:喉頭腫瘍摘出術(直達鏡によるもの)
声帯ポリープや咽頭腫瘍などの喉頭病変に対して、口腔から金属の筒(喉頭直達鏡)を入れ、喉頭を観察しながら病変を切除します。治療そのものである一面と、病変の拡がりを評価する一面もあります。
5:内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
内視鏡を用いて慢性副鼻腔炎による炎症のため病的に腫れた粘膜を切除し、鼻と副鼻腔を大きな連続した空洞にする手術です。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 20.45 16.45 27.27% 74.91
K386 気管切開術 - 30.50 81.75 25% 52.75
K6181 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢) - 10.67 15.00 33.33% 67.67
K620 下大静脈フィルター留置 - 10.50 36.50 50% 75.5
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) - 16.00 19.50 50% 76
1:胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む。)
経口摂取が難しい症例や誤嚥性肺炎の危険がある症例に対し、腹壁から直接到達する経路を造設する治療です。
2:気管切開術
呼吸状態の悪化や気管内挿管を繰り返す可能性が非常に高い症例時に施行します。
3:中心静脈注射用植込型カテーテル設置(四肢)
血管内に薬剤等を注入するための医療器具であるポートを皮膚の下に埋め込む治療になります。
4:下大静脈フィルター留置
下大静脈にフィルターを挿入する事で、血栓による肺動脈塞栓を予防する治療です。
5:内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満)
内視鏡を用いて大腸の早期がんやポリープ等に対して粘膜層下から病巣を切除する治療です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 41 0.68 4.93 0% 72.15
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 19 0.05 0.95 0% 52.11
K0052 皮膚皮下腫瘍摘出 露出 長径2~4cm未満 - 0.13 1.00 0% 46.75
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) - 0.14 0.86 0% 64.43
K0062 皮膚皮下腫瘍摘出 露出外 長径3~6cm未満 - 0.40 3.00 0% 57.2
1:皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除
2:皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満
3:皮膚皮下腫瘍摘出 露出 長径2~4cm未満
4:皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満)
5:皮膚皮下腫瘍摘出 露出外 長径3~6cm未満
悪性黒色腫をはじめとした皮膚悪性腫瘍に対しては、センチネルリンパ節の同定と転移の検索、手術デザインや術式をカンファレンスで詳細に検討し、外科的治療を行います。また、悪性腫瘍に対してだけではなく良性腫瘍に対しても手術による治療を行っております。
腎泌尿器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・その他のもの) 440 1.52 3.66 0.68% 68.21
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器用) 74 1.64 7.84 0% 69.19
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術(右) 52 8.65 20.54 3.85% 69.6
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 40 2.08 8.32 0% 71.05
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 36 1.11 3.92 0% 60.25
1:膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・その他のもの)
尿道から内視鏡を挿入し、膀胱内の腫瘍を切除します。一般的に粘膜内にとどまっている腫瘍は内視鏡的に切除可能とされています。
2:腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器用)
人間の手と同じ動きをする機械アームを腹部に開けた小さい穴を通して挿入し、操作パネルを通してアームを動かす遠隔操作システムであるロボット支援手術を行っています。
3:経尿道的尿管ステント留置術(右)
腎臓と膀胱をつなぐ尿管内に細い管を留置する治療です。
4:腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術
主に腎盂・尿管に発生した腫瘍に対して行われる腹腔鏡下での低侵襲手術です。
5:経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)
内視鏡を尿道から挿入し、尿管または腎盂内の結石まで導き、結石を直接観察しながらレーザーで破砕・摘出します。
産科・生殖医学科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 15 .0.7 0.20 0% 33.67
K9122 子宮外妊娠手術 腹腔鏡によるもの - 0.17 5.17 0% 30.17
K861 子宮内膜掻爬術 - 2.83 8.00 0% 30.17
K911 胞状奇胎除去術 - 0.67 1.67 0% 32.33
K6151 血管塞栓術(止血術_腹腔内) - 0.00 24.00 0% 37
1:流産手術(妊娠11週まで)
妊娠11週までの人工妊娠中絶等の手術となります。
2:子宮外妊娠手術 腹腔鏡によるもの
腹腔鏡下により子宮外妊娠部位を切除する手術です。可能な場合は卵巣等の保存的手術を行いますが、症例によっては卵管や卵巣を摘出します。
3:子宮内膜掻爬術
キューレットといわれる医療機材を用いて子宮内膜を掻爬する治療になります。
4:胞状奇胎除去術
将来胎盤になる組織である絨毛が嚢胞化している状態が胞状奇胎であり、それを除去する手術となります。
5:血管塞栓術(止血術_腹腔内)
カテーテルをエックス線を用いて目的の血管部位まで進め、特殊な物質で途絶させることで止血する治療になります。
婦人科・腫瘍科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 181 1.00 1.01 0% 42.51
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 124 1.07 4.77 0.81% 41.56
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 75 1.09 5.61 0% 48.41
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 53 2.77 12.21 0% 54.04
K879 子宮悪性腫瘍手術 51 2.92 14.37 0% 48.84
1:子宮頸部(腟部)切除術
子宮頚部の軽度~高度の異形成に対して行われる治療です。
2:子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの
卵巣のう腫やチョコレート囊胞等に対して子宮附属器(卵管、卵巣)を腹腔鏡下で切除する手術です。
3:腹腔鏡下腟式子宮全摘術
腹腔鏡下で行われ、開腹せず膣の方から子宮を摘出する手術です。
4:子宮附属器悪性腫瘍手術(両側)
子宮附属器(卵管、卵巣)の悪性腫瘍に対して行われる開腹手術です。
5:子宮悪性腫瘍手術
子宮がん(子宮頚癌や子宮平滑筋肉腫、子宮内膜癌)に対して行われる開腹手術です。
救急科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) - 0.20 27.40 0% 67.6
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) - 3.67 7.67 0% 61.67
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術(右) - 0.50 31.00 50% 88
K719-21 腹腔鏡下結腸切除術(小範囲切除、結腸半側切除) - 3.00 28.00 50% 62
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) - 3.00 4.00 0% 69
1:小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術)
病変部分を切除し吻合術を行う開腹手術です。腹腔鏡下手術後に開腹となったものを含みます。
2:腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
腹腔鏡下で虫垂を切除する手術です。
3:尿道的尿管ステント抜去術(右)
腎臓と膀胱をつなぐ尿管内に留置した細い管を抜去する治療です。
4:腹腔鏡下結腸切除術(小範囲切除、結腸半側切除)
腹腔鏡下で結腸を切除する手術です。小範囲切除とは腸管の部分切除であり、結腸半側切除とは右半結腸切除、あるいは左半結腸切除を意味しています。
5:腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
腹腔鏡下で鼠径ヘルニアを修復する手術です。
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K128 脊椎内異物(挿入物)除去術 - 1.00 7.00 0% 77
K0751 非観血的関節授動術(肩) - 7.00 17.00 0% 60
1:脊椎内異物(挿入物)除去術
脊髄刺激療法における刺激電極と刺激装置を全身麻酔下に抜去する手術です。
2:非観血的関節授動術(肩)
関節の痛みを感じる神経に麻酔をおこない、肩を他動的に動かすことにより関節包の癒着を解除する治療です。
7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - 0.03%
異なる 97 0.51%
180010 敗血症 同一 11 0.06%
異なる 74 0.39%
180035 その他の真菌感染症 同一 - 0.02%
異なる 27 0.14%
180040 手術・処置等の合併症 同一 74 0.39%
異なる - 0.03%
解 説
1)傷病名
・播種性血管内凝固症候群とは
様々な重症の基礎疾患を原因として、本来出血箇所で生じるべき血液凝固反応が全身の細小血管内で発生し血液中の凝固因子が減ることで、出血傾向・臓器不全等が起こる重篤な症候群
・敗血症とは
肺炎や腎炎等の感染巣から、血液中に病原体(細菌・ウイルス・真菌等)が入りこみ、全身に炎症反応が現れて臓器不全等が起こる重篤な症候群
・その他の真菌感染症とは
自然環境中に存在する真菌(カンジダ・アスペルギルス等)が、肺や皮膚等に感染した病態。免疫機能の低下がない限り、通常は重症化することは稀
・手術・処置等の合併症とは
手術や内視鏡検査等を施行した際に、万全な術前術後・周術期管理をしても、ある確率で血管の拡張や低栄養等を原因として、術後出血・創感染・呼吸器合併症等が起こる病態
 本院の集計では、65歳以上の高齢者、がん、膠原病、腎疾患、心疾患等の基礎疾患を有する患者さんが多く、免疫機能の低下や常態的にある感染巣から、上記傷病が発生していると考えられます。特に、敗血症や侵襲的な治療・検査を受ける予定で合併症が予測される場合等、重症化する可能性のある患者さんの早期把握と早期診断に努め、安全性の向上を図っております。
なお、手術・処置等の合併症では、手術から経年変化・劣化で発生した吻合部狭窄やシャント閉塞等の症例も含まれています。
2)入院契機傷病名との同一性の有無
・同一とは、例えば敗血症と診断され治療のため入院し、主な治療を敗血症に対して行った場合
・異なるとは、例えば肺炎と診断され治療のため入院し、主な治療を敗血症に対して行った場合
3)症例数
・症例数が10未満の場合は、「―」(ハイフン)を記入
4)発生率
・同一性の有無を区別した各症例数の、集計期間中の全退者数に対する発生率(請求の発生率)
更新履歴