病院案内

ホーム » 病院案内

病院案内

病床数
882床
病院種別
  • 特定機能病院(平成6年2月)
  • エイズ拠点病院(平成7年11月)
  • 災害拠点病院(平成9年3月)
  • 大阪府地域周産期母子医療センター(平成19年11月)
  • 救急病院(平成20年12月)
  • 大阪府肝疾患診療連携拠点病院(平成20年7月)
  • 地域がん診療連携拠点病院(平成21年4月)
先進医療
  • ◇ 泌尿生殖器腫瘍後腹膜リンパ節転移に対する腹腔鏡下リンパ節郭清術
  • ◇ (2)(他の保険医療機関に対して検体の採取以外の業務を委託して実施
      する保険医療機関)
      急性リンパ性白血病細胞の免疫遺伝子再構成を利用した定量的PCR法に
      よる骨髄微小残存病変(MRD)量の測定
  • ◇ パクリタキセル静脈内投与(1週間に1回投与するものに限る)及び
      カルボプラチン腹腔内投与(3週間に1回投与するものに限る)の併用療法
      上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん
  • ◇ 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術
  • ◇ 腹腔鏡下広汎子宮全摘術
  • ◇ 術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスズマブ静脈
      内投与の併用療法
      切除が可能な高度リンパ節転移を伴う胃がん
     (HER2が陽性のものに限る)
  • ◇ 腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術
教育指定
  • 臨床研修指定病院(昭和43年4月)
  • 外国医師(外国歯科医師)臨床修練指定病院(昭和63年3月)
  • 歯科医師臨床研修指定病院(平成13年4月)
  • 母体保護法指定医研修機関
  • 臨床教授等病院(平成28年7月)
診療指定事項等(クリックで表示/非表示)
施設基準等(クリックで表示/非表示)
学会認定取得一覧(クリックで表示/非表示)
医師事務作業補助者配置について
 本院では、平成24年10月1日から、医師の負担軽減目的に医師事務作業補助者を配置しております。具体的には、診断書などの文書作成補助、診療記録への代行入力、医療の質の向上に資する事務作業(診療に関するデータ整理、院内がん登録等の統計・調査、医師の教育や臨床研修のカンファレンスのための準備作業等)並びに行政上の業務(救急医療情報システムへの入力、感染症のサーベイランス事業等)への対応を医師の指示の下に行います。このことにより、医師の煩雑さが改善され診療に専念できる環境を提供できるように努めています。
 今後も、同補助者の配置について継続して行っていき、医師の業務環境が改善することにより、患者さまに更なる良質な医療を提供できるよう努めて参ります。


病院長あいさつ 病院理念
病院概要 歴史と沿革
各部門のご案内

ページトップへ