本院の取り組み

COVID-19こころのケアチーム

当院では、当院で治療されたCOVID-19感染患者さんとご家族のために、こころのケア相談活動をしています。

自分自身の病状に対することだけでなく、大切な人に感染させてしまったのではないかという不安でいっぱいの患者さん、面会することもかなわず、さらに自分も感染しているのではないかという怯えを持っているそのご家族、この特殊な状況に置かれたみなさんの心労を少しでも軽減するために「COVID-19こころのケアチーム」が支援を行っています。

チームを構成しているのは精神神経科医師、精神看護専門看護師、公認心理師等、日ごろから当院の精神医療分野を支えるプロフェッショナルたち。相談者みなさんの状況に合わせて、電話やメール、直接面談など様々な手段で相談に応じています。

またこのような状況下では受け入れる病院側スタッフにもストレスがかかります。病院全体で患者さんをサポートするためにも、この相談活動は患者さんと直接かかわる医療者はもちろんですが、当院に勤務しているすべての職員を対象としています。

「身体の健康だけでなく心の健康も取り戻していただきたい」
そんな思いで病院全体がワンチームとなってこの未知のウイルスに立ち向かっています。