センター長あいさつ


がん医療総合センター長
黒岩 敏彦

がん医療の地域格差を解消し、質の高いがん医療が全国どこでも受けられるように

我が国では、国民の2人に1人はがんに罹患し、3人に1人はがんで死亡しています。年々新しい治療法が開発され、がん患者様の生存率は目覚ましく改善していますが、次第に高度で緻密な医療が必要になっています。そこで、がん対策基本法が平成19年より施行され、この法律に基づいたがん対策基本計画は、平成24年に見直されました。放射線療法、化学療法、手術療法といった標準治療の更なる充実とチーム医療の推進、地域の医療・介護サービス提供体制の構築、医薬品・医療機器の早期開発・承認に向けた取り組み、がんの予防及び早期発見、がんに関する相談支援・情報提供、がんの登録の推進などが目標にされております。がん医療の地域格差を解消し質の高いがん医療がどこでも提供できるようにと考えられています。

療養生活の質を維持・向上することにより、がんになっても安心して暮らせる地域を目指します。

当センターの使命は、地域がん診療連携拠点病院として質の高いがん医療体制の確保、他の大阪府がん診療連携拠点病院の機能強化の援助、種々の医療機関や介護施設など連携を図ることによって三島医療圏内のがん診療を向上させ、すべてのがん患者様とそのご家族の苦痛を軽減し、療養生活の質を維持・向上することによって、がんになっても安心して暮らせる地域を目指します。がん医療総合センターをどうぞ上手に活用してください。

先端医療開発部門

化学療法センター

がんゲノム医療連携病院

治療成績について

大阪医科大学附属病院
がん医療総合センター

代表/TEL 072-683-1221
〒569-8686
大阪府高槻市大学町2番7号

交通のご案内

ページ冒頭へ
ページの先頭へ