センター長あいさつ


がんセンター長
黒岩 敏彦

臨床・研究・教育の充実、社会に開かれた安全で質の高いがん医療を

がんは、日本で昭和56(1981)年より死因の第1位であり、生涯のうちに約2人に1人ががんにかかると推計されています。 このように、がんは国民の生命と健康にとって重大な問題であり、がん対策のより一層の推進を目的に平成18年にがん対策基本法が成立しました。

基本法に基づき、がん対策を総合的かつ計画的に推進するための「がん対策推進基本計画」が平成19(2007)年6月に策定され、専門的ながん医療の提供等を行うがん診療連携拠点病院の整備が進められてきました。がん診療連携拠点病院は原則二次医療圏に1つであり、当院は三島圏域のがん診療連携拠点病院として重要な役割を担っております。

このたび、さらに質の高い全人的ながん医療を継続的に提供するこ とを目的にがんセンターを設立しました。地域がん診療連携拠点病院として機能のより一層の強化・拡充を図るため、臨床・研究・教育の充実をはかり社会に開かれた安全で質の高いがん医療を目指します。

 

 

当センターの紹介メニュー

 

先端医療開発部門

化学療法センター

治療成績について

大阪医科大学附属病院
がんセンター

代表/TEL 072-683-1221
〒569-8686
大阪府高槻市大学町2番7号

交通のご案内

ページ冒頭へ
ページの先頭へ