先端医療開発部門

大阪医科大学附属病院がん医療総合センターには、通常のがんセンターに必要な化学療法センター、緩和ケアセンター、がん相談支援センター、がん登録室、臨床部門、臨床研究支援部門に加えて先端医療開発部門が開設されました。これにより、さらに高度な先端医療を安全かつ的確に提供できることが大きな特色となっています。

スタッフ紹介

教 授 樋口 和秀
教 授
東 治人
特務教授 奥田 準二 (←クリックで詳細を表示)中文
教 授 大道 正英

先端医療開発部門のご紹介

 

 

 

ページの先頭へ