地域がん診療連携拠点病院

厚生労働省では、高い水準のがん医療の「均てん化」を図ることによって全国どこでも誰もが「標準的ながん医療」が受けられるようにすることを目標として「がん診療連携拠点病院」の指定を開始いたしました。大阪医科大学附属病院は平成20年度に厚生労働大臣より「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。

【役 割】
@ 集学的治療の提供体制及び標準的治療の提供
A 手術療法・化学療法・緩和ケアの提供体制
B 病病連携・病診連携の協力体制
C セカンドオピニオンの提示体制・・・などがあります。

本院では、専門的ながん医療の提供、緩和ケアの充実、在宅医療の支援をはじめ、がん患者・家族などに対する相談支援及び情報提供などを行っています。また、地域におけるがん治療水準の向上をめざし、地域のがん診療連携協力体制の構築にも努めております。

三島圏域のがん診療連携拠点病院の紹介

先端医療開発部門

化学療法センター

がんゲノム医療連携病院

治療成績について

大阪医科大学附属病院
がん医療総合センター

代表/TEL 072-683-1221
〒569-8686
大阪府高槻市大学町2番7号

交通のご案内

ページ冒頭へ
ページの先頭へ