大阪医科大学 医療総合研修センター

プログラム責任者あいさつ(歯科)


プログラム責任者 植野 高章

 当科は地域の中核医療施設として、多くの医療機関と緊密な連携をもとに、口腔内に発症するあらゆる病変の専門的治療を行なっています。
 当科で専門的に扱う治療は、埋伏歯を含めた抜歯治療、顎骨や口腔粘膜に発生する腫瘍、嚢胞性疾患、口腔粘膜疾患、炎症性疾患、口腔外傷、顎関節疾患、顎変形症、インプラント治療、睡眠時無呼吸症候群および全身疾患(循環器疾患、糖尿病、自己免疫疾患など)を有する患者さんの口腔外科治療です。また、化学療法・放射線療法を含むがん治療中の患者さんや、心臓血管外科手術を受ける患者さんの専門的な周術期口腔機能管理を行い、術後誤嚥性肺炎予防や抗がん剤による口腔粘膜炎の重症化予防にも務めています。
 初期研修プログラムでは研修プログラムに基づき、関連領域に関する基礎的知識と医療技術および歯科医師としての態度を習得します。具体的には指導医の下、医療面接、総合診療計画、予防・治療基本技術、医療記録等を学習することができます。
 後期研修プログラムではより高度で、麻酔科実習や耳鼻咽喉科・頭頸部外科での専門的な疾患の研修、その中からより深い知識と臨床能力を身に付け、大学院などへの研究分野に進んでいくことも可能です。
 超高齢社会の日本では、全身疾患を持つ高齢患者さんの歯科受診のニーズが増えています。安全・安心な歯科医療を提供するために大学病院での医学知識を自然に習得できる研修プログラムです。

プログラム責任者
歯科・口腔外科 教授
 植野 高章

臨床研修プログラム(歯科)

一般プログラム(研修期間:1年)


【 研修内容 】

 ■ 医療面接
 ■ 歯科診療計画立案
 ■ 外来患者の基本的診断
 ■ 口腔外科疾患の理解
 ■ 口腔外科治療時の偶発症
 ■ 全身疾患と口腔衛生との関係
 ■ 多職種医療連携

【 到達目標 】

 ■ 問診などの医療面接が適切に行える
 ■ 歯科診療計画立案が適切に行える
 ■ 外来患者の基本的診断が行える
 ■ 基礎的な口腔外科疾患の診断・治療が行える
 ■ 口腔外科治療時の偶発症に対応できる
 ■ 全身疾患と口腔衛生との関係を理解・実践できる
 ■ 多職種医療連携を理解・実践できる
(研修到達目標に関する厚生労働省のホームぺージ)

【 評価方法 】

指導医は定期的に研修内容を評価し、その評価に基づいて研修医の指導を行う。研修の前半と終了時に、研修医の到達進捗程度を、経験症例数や報告書などを判断材料として、評価を行い、研修管理委員会により最終評価を行う。

 ⇒上記をもとに医師としての礼節・総合的な歯科治療能力を習得する

 ■ 歯科・口腔外科教室のホームページ
  (http://www.osaka-med.ac.jp/deps/ora/index.html)
 ■ 歯科・口腔外科における研修プログラムへの取り組み

アクセス

〒569-8686
大阪府高槻市大学町2番7号
大阪医科大学
医療総合研修センター
TEL:072-684-7371
FAX:072-684-7376
e-mail:ken000@osaka-med.ac.jp

周辺地図

↑ PAGE TOP