婦人科・腫瘍科

患者さんへ

当婦人科・腫瘍科は、ご婦人の不正出血や子宮・卵巣に関する良性・悪性疾患を中心に診断治療を行う科です。良性腫瘍・初期癌については、薬剤治療や腹腔鏡下手術をはじめとする低侵襲な術式による手術をめざし、子宮や卵巣などの温存を心がけています。進行癌については、根治術を中心に新しい治療法を駆使し、さまざまな方法を取り入れながら集学的に治療を行っています。また、治療法に関しては、患者さまと十分に話し合ったうえで、できる限りご要望に添えるようにすすめていくことを心がけております。他の施設で診断を受けられた方でも、セカンドオピニオンをご希望の方はご相談ください。

診療科の特色

  1. 子宮頸がん・体がん・卵巣がんの診断・治療
  2. 子宮頸がんの機能温存を考慮した手術(円錐切除術、広汎子宮頸部摘出術、神経温存広汎子宮全摘出術)
  3. 先進医療による子宮頸がんに対する腹腔鏡下神経温存広汎子宮全摘出術
  4. 子宮頸がんの妊孕能温存手術(円錐切除術、広汎子宮頸部摘出術)
  5. 子宮体がんに対する腹腔鏡下根治手術(傍大動脈リンパ節郭清術含む)
  6. ロボット支援下手術(子宮頸がん、子宮体がん)
  7. 子宮体がん、卵巣がんのエビデンスに基づく集学的治療
  8. がん術後(治療後)ヘルスケア
  9. 子宮頸がんの集学的治療(術前動注療法、放射線抗がん剤併用療法)
  10. 子宮筋腫の保存的治療(薬物療法、腹腔鏡下筋腫核出術、腹腔鏡下子宮全摘出術、子宮鏡下筋腫摘出、塞栓療法)
  11. 子宮内膜症の低侵襲治療(薬物療法、腹腔鏡下手術)
  12. 卵巣良性腫瘍の腹腔鏡下手術
  13. 各種がん患者における、新規抗がん剤などの治験、医師主導試験による最新のがん治療

医療機関さまへ
患者さんご紹介について

当科では、悪性腫瘍に対する腹腔鏡下手術を2010年から施行しており、子宮体がんに対しては2014年より保険収載され多くの患者さまをご紹介いただき、全国の大学病院では最も多くの症例数を施行しております。また中~高リスク子宮体がんに対しては、現在の保険適応では開腹手術での施行となる傍大動脈リンパ節郭清に対して、全国に先駆けて高度先進医療を申請し、昨年の7月より高度先進医療Aとして腹腔鏡下での郭清術を開始しました。術中出血量も少なく、術後疼痛の緩和や早期回復に寄与し、良好な治療成績と低浸潤な治療を提供しております。将来の保険収載に向け、先進医療取得に向けた事務的作業を進めているところです。
また、子宮頸がんに対しましても、1A2期から1B1期症例に対して、腹腔鏡下広汎子宮全摘術を先進医療にて開始しております。開腹広汎子宮全摘術と比較しても術中出血や術後疼痛が少なく合併症もなく、術後の排尿障害も軽減しており、退院までに尿意と自尿を認めることができております。今後さらに症例を重ね、腹腔鏡下広汎子宮全摘出術の標準化を図ってまいります。
さらに、2016年からはダヴィンチによるロボット支援下手術を開始しました。腹腔鏡下手術以上に繊細な手術が可能となり、今後さらに普及してくると思われます。現在は先進医療取得のために臨床研究にて行っております。
また、より縮小手術に向けて、子宮頸がん、子宮体がんにおけるセンチネルリンパ節生検を臨床研究にて行っており、早期子宮頸がん・体がんのセンチネルリンパ節生検下のリンパ節郭清の省略を取り入れております。
さらに我々は悪性腫瘍に対する治療のみを目的とするだけでなく、がん治療後の女性のヘルスケアに対応すべく骨粗鬆症や動脈硬化などの管理も同時に行っております。
また、がん患者の妊孕能温存治療にも積極的に取り組んでおり、院内各診療科と協力し、若年がん患者(小児がんサバイバーを含む)に対する卵子・胚・精子凍結保存治療を行っています。今後は多様なニーズに応えるべく、若年女性がん患者に対する卵巣凍結に向けても準備を進めていく予定です。
また、臨床研究については、昨今、新しい治療の開発やevidenceの確立のためには、単独施設での治療では不十分であり、全国的な臨床研究や治験に参加することが必要です。私どもは、昨年から日本で最も権威のある臨床研究グループである日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)や婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG)などに参加しております。
個々の疾患については、セカンドオピニオンをご希望の方も含めてご紹介いただければ幸いです。

施設認定

  • 日本産婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
  • 日本婦人科腫瘍学会指定修練施設
  • 日本臨床細胞学会細胞診指導医研修施設
  • 婦人科悪性腫瘍化学療法機構認定施設
関連ページおよび関連サイト