神経内科

患者さんへ

神経内科は、神経(大脳・小脳・脊髄・末梢神経系)と筋肉に炎症・変性・血管障害などの異常によって生じる病気を診察します。神経内科の病気は、頭痛、物忘れ、しびれ、めまい、勝手に手足が動く、ふるえ、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、手足がつる、むせる、ろれつがまわりにくい、けいれん、物が二重に見える、意識がはっきりしないといった症状であらわれます。この中には、早く対処しなくてはいけないもの、落ち着いて症状をみながら対処していくものがあります。この判断には、神経内科のトレーニングを受けた専門的な知識と技術が必要とされます。私たちは、丁寧な診察を行い、必要な情報を開示・説明しながら、適切な治療を提供できるよう努めてまいります。思い当たる症状がありましたら、是非ご相談ください。

診療科の特色

  1. 治療を重視した診療方針(Treatable Neurology)
  2. 脳血管障害、脳髄膜炎の急性期治療
  3. パーキンソン病の診断と治療
  4. 筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など神経難病の診療
  5. 神経免疫疾患(重症筋無力症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群など)の治療
  6. 大阪医科大学難病総合センター(神経難病の医療と在宅医療の支援)
  7. 患者・家族を医療チームで支える

医療機関さまへ
患者さんご紹介について

茂在敏司教授の着任(1974年)から歴史を数える神経内科部門です。
神経(大脳・小脳・脊髄・末梢神経系)と筋肉に炎症・変性・血管障害などの異常により生じる病気を診察します。頭痛、物忘れ、しびれ、めまい、勝手に手足が動く、ふるえ、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、手足がつる、むせる、ろれつがまわりにくい、けいれん、物が二重に見える、意識がはっきりしないといった症状などが対象となります。
私たちは治療を重視した"治る神経内科"をモットーにしております。年々、いろいろな病気で新しい治療法が登場しています。少しでも、来院された方の症状が緩和できるよう努めてまいります。パーキンソン病、認知症、脳血管障害、頭痛といった日常的に遭遇する機会の多い疾患から、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症などの神経難病、重症筋無力症、多発性硬化症、ギラン・バレー症候群などの神経免疫疾患、末梢神経や筋疾患、そして脳炎・髄膜炎まで幅広い神経内科疾患に対応させていただきます。大学病院の特性を活かし、脳神経外科、整形外科、精神神経科、リハビリテーション科などと連携をとりながら、適切な医療の提供を心掛けております。
また、併設している難病総合センターでは、神経難病疾患の総合的な診療とケアの提供を図っています。患者さまの療養生活の質の向上を目指して、神経難病対策事業への協力、連携・協力医療機関や福祉施設への指導と助言などを行い神経難病の方々に対する支援体制の整備に取り組んでいます。
脳神経内科外来は予約制となっております。患者さまが長時間待たずに受診できるよう、ご紹介の節には医療連携室を通じてご予約のほどお願い申し上げます。

施設認定

  • 日本神経学会専門医教育施設
関連ページおよび関連サイト