リウマチ膠原病内科

患者さんへ

当科では、全身性エリテマトーデス(SLE)・関節リウマチ(RA)に代表される膠原病の診療・研究・教育を行っています。
膠原病は、本来は生体を守るはずの免疫システムの一部が異常になり(自己免疫)、全身諸臓器を傷害する原因不明の全身性炎症性疾患です。SLE・RAの他にも、全身性強皮症、血管炎症候群、皮膚筋炎・多発性筋炎などがあります。類縁疾患としてベーチェット病、強直性脊椎炎、リウマチ性多発筋痛症などが挙げられます。
当科では、膠原病に対する最先端の医療を皆様に提供するだけでなく、常に患者さん目線でより良い診療を心がけ、診療・研究・教育の充実を図り、医療へ貢献したいと考えております。ご不明な点やご要望がありましたら、気軽にご相談ください。

診療科の特色

  1. 関節リウマチの治療は症状のほとんどない状態(寛解)を維持していくことが目標であり、当科もこの目標を目指した治療を行っています。治療としてはメトトレキサートが基本薬剤で、効果が不十分な場合には他の合成抗リウマチ薬、生物学的製剤(インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、ゴリムマブ、セルトリズマブ、トシリズマブ、サリルマブ、アバタセプト)やJAK阻害剤(トファシチニブ、バリシチニブ)と呼ばれる分子標的薬を併用しています。また、新規の治療薬の臨床治験にも参加しています。また、関節リウマチの診断や病勢の評価のために関節エコーを活用しています。
  2. 膠原病肺(膠原病性間質性肺炎)に対しては的確な病型の判定を行った上で、ステロイドに加えて免疫抑制剤(シクロスポリン、アザチオプリン、タクロリムス、シクロフォスファマイド)を積極的に使用し良好な治療成績を得ています。膠原病肺疾患外来を開設しており、広く紹介を受けております。
    膠原病肺の中でも、特に重症である皮膚筋炎に伴う急速進行性間質性肺炎に対しステロイドに加えてシクロスポリン又はタクロリムスとエンドキサン静注による早期介入療法を積極的に導入し、良好な治療成績を達成しています。
  3. 全身性エリテマトーデスは多彩な病態を呈する自己免疫疾患です。当科は患者個人の病態に応じたテーラーメイドの医療を行い、多数の患者さまを管理しています。近年、保険適応になったミコフェノール酸モフェチルやハイドロキシクロロキンも病態に応じて積極的に導入しています。ハイドロキシクロロキンの導入にあたり本院及び近隣の眼科と協力しています。
  4. 顕微鏡的多発血管炎を始めとする血管炎症候群に対し、ステロイドに加えてシクロフォスファマイド、リツキシマブを始めとする免疫抑制剤や血液浄化療法を積極的に適応し良好な治療成績を得ています。大型血管炎に対してはトシリズマブによる治療も行っています。
  5. 関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病を罹患された若年女性が妊娠を希望された場合には、膠原病母性外来で本院産科と連携して妊娠・出産に対するカウンセリングを行い、治療・管理を行っています。
  6. 膠原病に伴う肺高血圧症に対して本院循環器内科または国立循環器病研究センターと連携して免疫抑制剤に加えて肺動脈性肺高血圧治療薬の併用による治療にあたっています。

医療機関さまへ
患者さんご紹介について

当科では、膠原病に伴う臓器病変・リスクを正しく評価し、各患者さまに応じたテーラーメイドの治療を行うことを心がけています。全身性エリテマトーデス、関節リウマチ、血管炎症候群においては新規の分子標的薬が開発されてきており、これらの薬剤の適応を十分に検討した上で積極的に導入しています。また、間質性肺炎や肺高血圧症などの合併症のある膠原病に対しても病状に応じた治療を行っています。挙児希望の膠原病患者さまにもカウンセリングを行うとともに治療・管理にあたっています。他、全身性強皮症、シェーグレン症候群、ベーチェット病なども診療にあたっています。専門外来を含め本院外来にお気軽にご紹介ください。

施設認定

  • 日本リウマチ学会認定施設
関連ページおよび関連サイト