形成外科

患者さんへ

当科では主に、体の表面に見られる生まれつきの異常(頭蓋顔面の変形、唇裂・口蓋裂など唇や口の中の異常、小耳症などの耳の異常、逆まつげや眼瞼下垂などの瞼の異常、漏斗胸などの体幹の異常・多趾症・合指症などの手足の異常など)、顔の骨折、ケロイドや傷痕のひきつれ、皮膚の腫瘍等に対する治療を行っております。また、広範囲なやけどや怪我、手術などで失った組織を、皮膚移植やマイクロサージャリーなどの手技を用いた組織移植を行い再建する治療を行っております。さらに、血管腫やあざなどに対するレーザー治療も行っております。

外来では診療の他に、主に皮膚腫瘍や瘢痕の修正などに対する日帰りの局所麻酔下の手術も行っております。
気になる「できもの」や「きずあと」、なかなか治らない「きず」など、気軽にご相談ください。

診療科の特色

  1. 顔面外傷(骨折)、頭蓋顔面の異常や変形に対する治療
  2. 口唇裂、口蓋裂の総合的で特長ある治療
    (矯正歯科や言語療法士とのチーム医療)
  3. その他の先天異常の治療
    (小耳症・副耳・多合指症・第一第二鰓弓症候群・頭蓋縫合早期癒合症など)
  4. 組織の欠損に対するマイクロサージャリーによる治療
  5. 皮膚悪性腫瘍の切除と整容面と機能を考慮した再建
  6. 乳がん切除後の乳房再建
  7. リンパ浮腫に対するマイクロサージャリーによる治療
  8. ケロイド、瘢痕拘縮など形成外科一般疾患の治療
  9. 眼瞼下垂、逆まつ毛等の眼瞼の疾患の治療
  10. 顔面神経麻痺の治療
  11. あざ・シミなどに対するレーザー治療を中心とした各種の治療
  12. 巻爪、陥入爪に対する矯正治療(自費治療)、手術治療

医療機関の方へ

形成外科は顔面骨と全身の軟部組織を対象とする、非常に広範囲な治療領域を持つ科です。中でも、顔面骨骨折や外傷・悪性腫瘍切除後などに生じた組織欠損の治療、口唇口蓋裂をはじめとする主に頭蓋・顎・顔面および体表面の先天異常の治療を中心として診療を行っております。
また、黒子やあざ・しみなどの外来でのレーザー治療・手術から、皮膚・軟部組織の悪性腫瘍の切除・マイクロサージャリーの技術を用いた組織移植再建、広範囲熱傷(新鮮熱傷・熱傷後瘢痕拘縮)に対する遊離植皮術や皮弁作成術、皮膚拡張器を用いた再建を行っております。
昭和57年の医局設立から36年と関西圏形成外科では歴史が古く、質の高い技術をもってさまざまな疾患の治療に取り組んでおります。

施設認定

  • 日本形成外科学会専門医認定施設
関連ページおよび関連サイト