一般・消化器・小児外科トピックス

手術支援ロボット ダヴィンチ

当科では、2015年7月よりMaster-slave manipulator system 型の手術支援ロボットであるda Vinci Surgical System(以下 ダ・ヴィンチ)を用いた腹腔鏡下胃がん手術を行っています。
ダ・ヴィンチを用いた手術では、従来の腹腔鏡下手術と比べて、さらに繊細で安全性の高い手術治療が期待されています。


みかん

da Vinci Surgical Systemを用いて ①ミカンの皮めくり、②ふさを分ける、③縫合・結紮をしている動画。手術ロボットの長所である「拡大視効果」と「繊細さ」が分かります。

長径4mm程度の米粒に漢字を書いている動画。小さいだけでなく凹凸不正な米の表面に2mm以下の漢字を書き込んでおり、手術ロボットの正確な「微細で繊細な」動きに驚きです。1円玉と比較して、いかに細かい操作かがわかります。