脳神経外科・脳血管内治療科

患者さんへ

当科は、脳腫瘍、脳血管障害、頭部外傷、奇形、水頭症、顔面けいれん、三叉神経痛、パーキンソン病、脊椎・脊髄疾患などに対して、専門的で高度な医療を行っております。

診断は最新の機器を利用して迅速に行い、治療は個々の患者さんに適した方法を選択しています。頭痛、めまい、しびれ、呂律が回らない、手足の脱力感など、脳・脊髄疾患に関する症状は様々です。「もしや?」と思われたら、症状が悪くなる前に来院して下さい。

また、認知症の中でも慢性硬膜下血腫や水頭症によるものは、手術によって治療が可能です。まず、頭部のCTやMRI検査を受けることが重要です。遠慮なくご相談下さい。

診療科の特色

  1. 基本理念は患者さんに安全で、より優しい最新の脳神経外科医療を提供することです。
  2. 脳卒中センターを開設しており、脳卒中ホットラインを介し24時間365日体制で急を要する脳卒中患者さん(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)の受け入れを周辺医療機関を通じ行っています。治療は脳神経外科医と脳血管内治療医、そして脳神経内科医および救急医と協力し、外科治療(開頭手術)や脳血管内治療あるいは内科的治療を選択します。脳血管内治療は、最新の脳血管撮影装置を用いて日々進歩する血管内治療機器を使用し、経験豊富な脳血管内治療指導医と専門医が行います。更に、発症早期よりリハビリテーション医の指示の下で急性期リハビリテーションを開始し、その後の回復期リハビリテーションも積極的に地域の連携施設に紹介しています。
  3. 脳腫瘍の外科治療は、手術室内にCTを備えたハイブリッド手術室で、腫瘍の可視化が可能な蛍光顕微鏡や手術支援(ナビゲーション)装置を用いて行っています。脳深部に発生する頭蓋底(ずがいてい)腫瘍の治療にも取り組んでいます。下垂体腫瘍や脳室内腫瘍に対しては低侵襲な神経内視鏡を用いて摘出術を行います。術後に神経機能を悪化させないために、誘発電位モニタリング、脳表電極による脳機能マッピング、覚醒下での開頭手術(アウェイク・サージェリー)を駆使しています。また光線力学的療法(PDT)も実施可能です。術後の放射線治療は、分割照射か定位放射線治療のいずれかを放射線科とのカンファレンスで決定します。更に、悪性腫瘍に対しては熱外中性子を用いた中性子捕捉療法(BNCT)を導入しています。化学療法も遺伝子レベル・分子レベルで個々の腫瘍に合った治療を行います。
  4. 正常圧水頭症、難治性水頭症、小児神経疾患(キアリ奇形など)に対しては、日本をリードしてきた独自の研究成果に基づいて治療方法を決定します。水頭症は原因によっては、神経内視鏡を用いた治療を行い、シャントなどの異物を体内に残しません。
  5. 機能的疾患に対しても積極的に治療を行っています。三叉神経痛や顔面痙攣に対しては神経血管減圧術を、パーキンソン病や難治性疼痛や遷延性意識障害に対しては、脳深部刺激や脊髄刺激電極による治療を行います。
  6. 脊髄・末梢神経疾患(脊髄腫瘍、脊髄血管奇形、脊椎変性症、椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症など)に対しては、顕微鏡下で最適な手術を行っています。
  7. セカンドオピニオンの相談や脳ドックで発見された無症候性脳血管障害や脳腫瘍の相談も受け付けています(脳ドックは大阪医科大学健康科学クリニックで行っています)。
  8. 退院後の療養の継続性の観点から、かかりつけ医療機関との連携、逆紹介を重視しています。

医療機関の方へ

脳・脊髄疾患全般に対して最先端の設備と技術を駆使して診療に当たっています。

【脳腫瘍】

良性・悪性脳腫瘍ともに積極的に受け入れています。CTを備えたハイブリッド手術室、ナビゲーションシステム、モニタリング、覚醒下手術、蛍光顕微鏡下手術などを駆使し、安全で確実な手術を行っています。髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などは基本的に良性の脳腫瘍であり、手術治療の意義が大きいです。下垂体腺腫をはじめとした下垂体近傍腫瘍に対しては神経内視鏡を用いた低侵襲手術を行っています。また、神経膠腫という脳腫瘍は悪性であることが多く、手術に加えて光線力学的療法(PDT)や交流電場腫瘍治療システム(NovoTTF)、中性子捕捉療法(BNCT)など補助療法の意義が大きい疾患です。当院は術後の放射線、化学療法意外に、これらの治療選択肢が極めて多い拠点施設です。また患者さんの腫瘍組織が持つ遺伝子変異に適した治療法を選択して行うことを「がんゲノム医療」と言いますが、当院は2018年4月1日に「がんゲノム医療連携病院」の指定を受けています。

【脳血管障害】

脳卒中センターを開設しており、脳卒中ホットラインを介し24時間365日体制で急を要する脳卒中患者さん(くも膜下出血、脳梗塞、脳内出血)の受け入れを周辺医療機関を通じ行っています。また時間的余裕のある患者さんの場合は、周辺医療機関より当院医療連携室を通してご予約をしていただいています。脳卒中治療は、近年血管撮影装置や血管内治療デバイスおよび脳血管内治療の技術の進歩とともに、脳動脈瘤に対してのコイル塞栓術や頚動脈狭窄および頭蓋内血管狭窄に対するステント留置術などが増加しています。また大型の脳動脈瘤に対するパイプライン(フローダイバーター)留置術は、2015年より日本でも保険承認され本治療も増加傾向にあります。しかしパイプライン留置術が施行可能な施設は限定されており、大阪府下でも本院を含め限られた施設のみしかパイプライン留置術が施行できません。更に急性脳主幹動脈閉塞に対しては、t-PA静注療法だけでなく血管内治療による血栓回収療法も多く行っており、良好な成績を上げています。
特に未破裂脳動脈瘤の治療に関しては、画像経過観察も考慮しながら、適応のある患者さんに対して開頭クリッピング術または脳血管内治療(コイル塞栓術あるいはパイプライン留置術など)を各患者さんの希望も十分に踏まえ最適な手術方法を選択し積極的に行っています。

【水頭症】

認知症をきたす正常圧水頭症の治療は、当施設が日本をリードしてきた長年の研究成果を基にシャント術の適応を決定しています。

【機能的疾患】

顔面けいれん、三叉神経痛、パーキンソン病などに対して積極的に手術による治療を行っています。特に椎骨動脈という太い動脈が関与した顔面けいれんの治療は難しいですが、当院では血管を安全に偏位させることで、安定した成績が得られています。

【脊椎脊髄疾患】

変形性脊椎症から脊髄内病変(腫瘍・血管障害、脊髄動静脈奇形、脊髄動静脈瘻など)まで幅広く手術を行っています。外傷についても積極的に治療を行っています。脳脊髄神経疾患を疑う症状の患者さんがおられましたら、お気軽にご紹介ください。必要に応じて脳神経内科など他科との連携を図りながら、適切な診断および治療を行います。

施設認定

  • 日本脳神経外科学会専門医 研修プログラム基幹施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院/li>
  • 日本脳神経血管内治療学会認定研修施設
  • 日本Awake Surgery学会 覚醒下手術認定施設
関連ページおよび関連サイト