消化器内視鏡センター

患者さん

現在、消化器内視鏡センターでは、年間約 8,000件の検査が行われております。上部消化管4, 400件、下部消化管約2, 600件、ERCP(内視鏡的逆行性胆・膵管造影検査)約 900件です。このうち約1,200件が内視鏡治療で、ポリープの切除、食道・胃・大腸癌に対する粘膜切除、食道静脈瘤治療、胆道系処置、消化管出血止血術などが行われております。さらに小腸内視鏡、カプセル内視鏡による小腸疾患の診断と治療に対しても積極的に取り組んでいます。

部門の特色

消化管疾患における内視鏡検査・治療

  1. 正確な内視鏡診断を目指しており、特殊内視鏡として超音波内視鏡や拡大内視鏡、特殊光対応の光源装置を組み合わせ、腫瘍細胞の深達度チェックや壁外リンパ節の転移検索を行って病期を決定し、確実な一括切除および治療後の再発回避に努めています。特に最新式の超拡大内視鏡を導入し、細胞レベルの観察が可能となり臨床で活用しています。
  2. 内視鏡治療として、頻度の多い大腸ポリープ治療に関しては、入院手術を極力少なくするために、コールド法などを外来にて積極的に推進しています。また、内視鏡治療の適応病変であるリンパ節転移が伴わない早期の表在性癌(食道・胃・十二指腸・大腸)に関しては内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を導入して、比較的大きな範囲の病変も手術せず内視鏡的に治療を行っています。また、病変に応じて消化器外科と共同で、手術室においてLECS(腹腔鏡内視鏡合同手術)として、病変の局所切除にも対応しています。
  3. 潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患に対して内視鏡診断の向上に努め、集学的な治療を行っています。
  4. 小腸カプセル内視鏡、ダブルバルーン型小腸内視鏡を導入し、原因不明の消化管出血、小腸病変の診断と治療を積極的に行っています。
  5. 大腸カプセル内視鏡を導入し、大腸内視鏡挿入困難例を中心に検査を行っています。
  6. 食道内圧・インピーダンス、食道・胃内 pH モニタリングなど各種機能検査を行っています。
  7. 消化管出血や異物除去などの緊急消化管内視鏡検査に対して、随時対応できる体制を整えています。

肝・胆・膵臓疾患における内視鏡検査・治療

  1. 胆膵腫瘍の診断は、内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)による診断に加えて、超音波内視鏡を用いた超音波内視鏡下穿刺術(EUS-FNA)を導入しています。
  2. 閉塞性黄疸に対しては、ERCP下にステント挿入を行っています。また、切除不能悪性胆道閉塞に対しては超音波内視鏡を用いた一期的金属ステント挿入(EUS-CDS、EUS-HGS)を行っています。
  3. 総胆管結石に対しては、内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)、内視鏡的乳頭括約筋バルーン拡張術(EPBD)による胆管結石摘出術を行っています。

医療機関の方へ

消化器内視鏡センターが開設されたのは平成14年ですが、本院での消化器内視鏡検査の歴史は古く、昭和34年からスタートしております。昭和57年には、当時の内視鏡検査室が、日本消化器内視鏡学会より消化器内視鏡指導施設に認定されております。
消化器内視鏡センターでは、「病変の早期発見、早期治療、早期回復を目標に、特定機能病院にふさわしい安全で質の高い内視鏡診療の提供」をめざし、教育施設としても内視鏡医育成につとめております。また、地域医療にも貢献すべく、より多くの患者さんをご紹介いただけるよう病診連携にも注力しております。

施設認定

  • 日本消化器内視鏡学会認定指導施設
  • 日本消化器病学会認定指導施設
  • 日本消化器集団検診学会認定指導施設
  • 日本大腸肛門病学会認定指導施設
  • 日本カプセル内視鏡学会指導施設

消化器内視鏡センター診察スケジュール

 
午前 上部内視鏡
カプセル内視鏡
ERCP/EUS-FNA
上部内視鏡
治療内視鏡*
カプセル内視鏡
上部内視鏡
カプセル内視鏡
ERCP/EUS-FNA
上部内視鏡
治療内視鏡*
カプセル内視鏡
超音波内視鏡
上部内視鏡
カプセル内視鏡
上部内視鏡
午後 下部内視鏡
治療内視鏡**
ERCP/EUS-FNA
下部内視鏡
治療内視鏡*/**
下部内視鏡
治療内視鏡**
ERCP/EUS-FNA

下部内視鏡

治療内視鏡*/**
小腸内視鏡

下部内視鏡
治療内視鏡**
 
緊急内視鏡(随時)
*…食道及び胃粘膜切除術・食道静脈瘤硬化療法
**…大腸粘膜切除術