血液浄化センター

血液浄化センターとは

当センターでは、特定機能病院および大学病院としての役割を認識し、維持透析療法のみならず、幅広い疾患を対象に血液浄化療法を手がけています。また、臨床各科との情報交換を緊密に行ない、幅広いニーズに対応したいと考えています。

ベッド数

血液透析12床 血漿交換3床

スタッフ:医師4名 看護師4名 臨床工学士4名

部門の特色

1.急性腎不全に対する血液浄化療法(血液透析)

2.末期腎不全に対する血液浄化療法(維持透析)

3.維持透析患者さまの検査・加療目的での転入院時の受け入れ

4.自己免疫性疾患・肝疾患などに対する血漿交換療法全般
(対象疾患:全身性エリテマトーデス、急性肝不全、C型慢性肝炎、家族性高コレステロール血症、閉塞性動脈硬化症、クリオグロブリン血症、重症筋無力症、悪性関節リウマチ、慢性炎症性脱髄性多発根神経炎、多発性硬化症、急性膵炎類天疱瘡、巣状糸球体硬化症、薬物中毒、血液型不適合の同種間臓器移植)

5.潰瘍性大腸炎、関節リウマチに対する白血球除去療法

6.幹細胞移植時の末梢血管細胞採取

施設認定

  • 日本透析医学会認定施設
  • 日本アフェレシス学会認定施設
  • 日本腎臓学会研修施設
  • 財団法人日本腎臓財団 透析療法従事職員研修指定施設