中央放射線部

中央放射線部とは?

中央放射線部は、CT・MRIなどの画像検査・血管内治療・核医学検査・放射線治療・画像情報管理の各分野において高度先進医療を推進しています。すなわち、最先端の検査および治療技術、ならびに画像情報管理の開発・実践・普及を行い、多様化する患者さまのニーズに対応しています。これらの多岐にわたる検査・治療・管理には、熟練した技術と高度な知識を兼ね備えたスタッフが共同であたっています。

部門の特色

  1. 3TMRIによる骨盤内臓器(膀胱、前立腺、子宮、卵巣)の画像診断
  2. 320列CTによる各種検査(冠動脈CT、脳血流CTなど)
  3. 多列CTによる腹部の3次元画像
  4. 注腸透視・胃透視の施行と読影
  5. 核医学検査の施行と読影(PET-CTを含む)
  6. 肝細胞癌、子宮癌、泌尿器系腫瘍の血管内治療(IVR)
  7. 非密封放射線治療(骨転移緩和治療)
  8. 定位放射線治療(脳腫瘍、肺癌など)
  9. 強度変調放射線治療(前頸部、前立腺癌など)
  10. 密封小線源治療(上咽頭癌、肺癌、食道癌、胆道癌、前立腺癌、子宮癌など)

施設認定

  • 日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関