臨床工学室

臨床工学士とは?

臨床工学技士は、人の呼吸、循環、代謝といったような生命の維持につながる機能を代行したり、補助したりする装置、すなわち「生命維持管理装置」の操作および保守点検を、医師の指示のもとに行うことを業務とします。

装置の具体例としては、人工呼吸器・高気圧治療装置・人工心肺装置・心臓ペースメーカ・補助循環装置・血液浄化装置・人工膵臓などがあり、医療機器のスペシャリストとしてチーム医療に貢献しています。

臨床工学技士の制度が出来たのは比較的新しく、1987年に制定されました。これは、医師看護師と同じ国家資格です。臨床工学技士になるには定められた学校を卒業し国家試験を受ける必要があります。

臨床工学室とは?

本院の臨床工学室は、臨床工学技士の業務が効率的に運用できる、医療機器が常に整備された状態に維持されている、院内職員に対する効果的な教育訓練を行うことができる、病院に設置されている医療機器の適正な管理と安全な運用ができる等を目的として平成13年4月に設立されました。現在、われわれが本院で行っている業務は以下のような内容です。

《臨床工学に関わる専門的医療技術の提供》

  • 臨床工学室業務:人工呼吸器・輸液ポンプ・シリンジポンプ・その他の医療機器の保守点検
  • 手術室:人工心肺・補助循環装置・各種監視装置・ME機器の操作、保守点検
  • カテ室:心臓カテーテル検査補助・アブレーション補助・検査データ管理など

≪医療機器管理業務≫

  • 中央手術室・集中治療室(ICU)におけるME機器管理・操作・保守点検
  • 臨床工学室での中央管理機器の管理
  • 使用材料の在庫管理
  • 口腔外科外来、アンギオ室、救急医療部、NICU(小児集中管理室)、分娩室などに設置されているME機器の定期点検
  • 病棟で長期に使用されている人工呼吸器へのバックアップ(蛇腹交換・機器トラブル対応など)

スタッフ構成

室長

脳神経外科・脳血管内治療科 科長、がんセンター センター長

副室長

医師、呼吸器内科、安全対策室室長、ゼネラルリスクマネージャー

臨床工学技士

技師長補佐、医療機器安全管理責任者兼任(1名)

主任(1名) 

主事(1名)  

技士(17名)

嘱託(1名) 

事務員(非常勤1名)

資格・認定等

  • ME2種検定(15名)
  • ME1種検定(2名)
  • 臨床ME専門認定士(2名)
  • 透析技術認定士(2名)
  • 体外循環技術認定士(6名)
  • 看護師免許(1名)
  • 臨床検査技師免許(1名)
  • 衛生管理者1種(1名)
  • 養護教諭2種(1名)
  • 保健師(1名)
  • 診療情報管理士認定(1名)
  • 3学会合同呼吸療法認定士(6名)
  • 心血管インターベンション技士認定(1名)
  • 医療ガス保安管理技術者(4名)
  • 医療情報コミュニケーター(MDIC)(1名)
  • 危険物取扱者乙種第4類(1名)
  • 第2種電気工事士(1名)
  • 中級バイオ技術者認定(1名)
  • ホームヘルパー2級(1名)