病院薬剤部

病院薬剤部とは?

<スローガン>

安全で良質な薬物治療を提供するために、チーム医療の要として「薬あるところに薬剤師あり」を実践します。

病院薬剤部では薬物療法の有効性と安全性を確保するために、医薬品に関する全ての課程に関与し、その適正使用に努めています。薬剤師は『薬の専門家・責任者』として処方を監査し、正確な調剤を行い、正しく安心して服用・使用していただくために、服薬説明や情報提供を行っています。
また、病棟薬剤業務として、医薬品の安全性情報などをスタッフに周知するとともに、患者情報を把握することは、副作用未然防止・重篤化回避のために非常に重要な業務です。更にICTやNST、がん領域、緩和ケア、糖尿病など多くの医療チームの一員として参加し、医師、看護師などと協働しています。 薬剤師は「顔が見えない」と言われますが、病院内の至るところで医薬品が使用されており、我々病院薬剤師は院内各所で活躍しています。業務案内ページでその詳細を紹介しております。是非、ご覧ください。

イメージ