薬事委員会結果報告

診療科・中央診療部門などから提出された「医薬品採用願」を基に、薬事委員会でその医薬品の採用の可否を審議しており、薬剤部はその事務局業務を担っています。

薬事委員会は、原則として年9回開催しています(3月・8月・12月は休会)。審議後、新規採用となった医薬品について「採用新薬の要点」を作成し、結果報告と併せて関連部署に配布します。また、原則として薬事委員会開催月の翌月オーダ更新日から使用可能としています。