医療安全推進部

ごあいさつ

医療安全推進部長 樋口 和秀
副院長(医療安全推進部長)
根尾 昌志

医療安全推進部部長を担当しております整形外科学教室の根尾昌志です。

医療安全に対する社会の関心の高まりとともに、病院における医療安全の比重は益々大きくなってきています。しかし、大学病院は、ルーティンワークだけではなく、高度な医療・新しい医療を手掛けており、医療事故の起こりやすい素地があります。また、大所帯になればなるほど、病院全体のシステムは複雑化し、各スタッフの認識にもばらつきが出てくるため、予想もしなかったことが起こる可能性が高いのも確かです。医療事故を未然に防ぐため、できるだけ合理的な病院全体のシステムを構築すること、各スタッフの医療安全に対する認識を底上げしていくことが、医療安全推進部の最も大切な役割と認識しております。

一方、残念ながら、マスコミを中心として「医療事故さえなければ病気は悪くはならない、人は死なない」という大きな勘違いがあるのも事実です。それぞれの検査や治療の意味や効果、リスクについてきちんと説明をし、現在の医療でできること・できないこと、医療は確率に基づいて診断・治療がなされていること(裏を返せばある一定の確率で、思ったほど効果がなかったり、トラブルが起こったりすること)などを病院全体として患者さん・ご家族、そして社会に理解してもらっていく努力も必要だと思っております。100%の安全を目指すあまり委縮医療に陥れば、医学の進歩は止まり、結局は多くの患者さんを不幸にすることになるからです。

大学病院の使命として、高度な最新医療をできるだけ安全にお届けできるようスタッフ一同努力いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

副院長(医療安全推進部長)

根尾 昌志