がんゲノム医療管理室

2019年6月にがん遺伝子パネル検査(がんゲノムプロファイリング検査)が保険収載され、当院でも2020年1月より開始いたしました。
がんゲノム医療管理室では、がん遺伝子パネル検査に関連したデータ管理を一括して行っています。
がんゲノム医療の実施には、がんゲノム情報管理センター(C-CAT)への継続的な情報登録が必要となります。院内の担当医の先生方には、病理検体の確認、アカウント申請はじめ、C-CATへの臨床情報登録などお願いすることが多くなりますが、ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

院内の担当医の先生方へ

全体のフローは、院内専用の大阪医科薬科大学病院 病院医療情報システム課HP内に、その他>がん・ゲノム関連文書>がん遺伝子パネル検査関連として、
がん遺伝子パネル検査業務手順、院内フロー、入力マニュアル
を掲載しております。ご覧いただきますようお願いいたします。
院内電子カルテの文書作成内、共通/ゲノム関連>02.臨床の説明文書、説明同意書もご覧いただきますようお願いいたします。

留意点

  • 対象患者(概要)
    本検査施行後に化学療法の適応となる可能性が高いと主治医が判断した患者が対象
    1.標準治療のない固形がん患者
    2.標準治療が終了となった固形がん患者(終了が見込まれる者を含む)
  • 患者1人につき1回に限り算定(外来のみ)
  • 検体準備に伴い病院病理部との連携、アカウントや入力作業に伴うがんゲノム医療管理室との連携をどうぞよろしくお願いいたします。

 

スタッフの紹介

がんゲノム医療管理室 室長 医師  森脇真一
がんゲノム医療管理室 副室長 医師  鮫島希代子
がんゲノム医療管理室 
認定遺伝カウンセラー  森田瑠香

 

 

ページの先頭へ